「最近、白髪が目立ってきた…」

「白髪を染めたいけど何で染めるのがいいのかわからない…」

「老けて見られるのが怖い…」

なんてあなたは思ってはいませんか?

30代でチラホラ白髪が出てくると、結構ショックは大きいもの。
まだまだ若いと思っていたのに、白髪を発見しただけで気分まで老け込んできます。

30代は子育てや仕事に追われ、なかなか美容院に行けませんよね。

「美容院に行けないなんて、もしかしてこのまま、どんどん白髪だらけになっちゃうの?」

そんな不安に襲われ、夜も眠れなくなります。

でも大丈夫。
今、白髪染めはどんどん進化し、自宅で簡単に美しい黒髪を取り戻せる時代になっています。

なかでも最近、注目を浴びているのは「白髪染めトリートメント」。
髪や頭皮に優しく、髪にツヤが出るので人気があります。

では「30代におすすめの白髪染めトリートメント」には、どんな商品があるのでしょうか。

白髪染めの基礎知識から「おすすめランキング」、「白髪染めの疑問あれこれ」まで一気にご紹介しちゃいます!

忙しい人用にランキングを先にご紹介しますね。

1位

>>>LPLP(ルプルプ)白髪染めヘアカラートリートメント<<<
(当サイトで一番の人気)

2位

>>>利尻ヘアカラートリートメント<<<

3位

>>>【ポーラ】グローイングショットカラートリートメント<<<

それではどうぞ。

白髪染めの種類にはどんなものがあるの?メリット・デメリットは?

白髪染めには、様々な種類があります。

現在市販されているのは、主に4種類。

「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアマスカラ」「白髪染めトリートメント」です。

それぞれどんな特徴や違いがあるのでしょうか。
メリット・デメリットも含めて、じっくりと見てみましょう。

(1)ヘアカラー

ヘアカラーリングのなかでは「永久染毛剤」に分類。
「医薬部外品」になります。

特徴は、2種類のクリームを混ぜて染めること。

まず1剤の「アルカリ剤」が髪のキューティクルをこじ開け、染料を入れやすくします。
そこに2剤の酸化剤(過酸化水素水)が混ざると、酸素を発生。
1剤に含まれる酸化染料が発色し、白髪を染めていきます。

メリット

・染料が髪の内部に浸透するので、よく染まる。
・一度、脱色させてから染めるのでムラがない。
・色が長持ちする。

デメリット

・手袋やキャップなど下準備が大変。
・髪へのダメージが大きい。
・皮膚トラブルを起こしやすい。
・使うたびにパッチテストが必須。

(2)ヘアマニキュア

「半永久染毛料」で「化粧品」に分類されます。

爪のマニキュア同様、表面のみに染料を付着させます。

ヘアマニキュアの染毛のしくみは、イオン結合。
髪はプラスイオンとマイナスイオン、両方を持っています。
ヘアマニキュアは酸性染料で、マイナスイオンを発生。
それが、髪がもつプラスイオンにくっつくことで発色します。

メリット

・メラニン色素を壊さないので、髪へのダメージが少ない。
・染まり方が自然。
・髪にツヤが出る。

デメリット

・色が落ちやすい。
・地肌につくと取れにくい。

(3)ヘアマスカラ

「一時染毛料」で「化粧品」に分類されます。

顔料などが配合されており、一時的に白髪を着色します。
先端がブラシやコームになっているので、細かい部分を染めるのに適しています。
シャンプーですぐに取れてしまいますが、使い続けるうちに徐々に染まる場合もあります

メリット

・髪や頭皮へのダメージが少ない。
・分け目や生え際など、気になる部分だけを染められる。

デメリット

・汗や雨、シャンプーなどですぐに落ちる。
・落ちやすいため、枕や衣服が汚れる恐れがある。

(4)白髪染めトリートメント

「半永久染毛料」で「化粧品」に分類されます。

シャンプー後のトリートメント代わりに使えるので、入浴しながら楽に染められます。

主な成分は、塩基性染料やHC染料。

塩基性染料はプラスイオンを持っており、髪がもつマイナスイオンと結合して発色します。
分子が大きいため、キューティクルの中まで入り込むことなく染められます。

HC染料は「Hair Color」の略称。
白髪染めトリートメントの成分に書かれている「HC黄」などが該当します。
分子が非常に小さいため、キューティクルをこじ開けることなく髪の内部にまで浸透します。

塩基性染料もHC染料も、2001年の規制緩和で、白髪染めに入れられるようになった成分です。

よって、それらが配合された白髪染めトリートメントは「最も進化した白髪染め」といえます。

メリット

・入浴や家事をしながら、簡単に染められる。
・毎日使えるので、コンスタントに黒髪を保てる。
・髪や頭皮へのダメージが非常に少ない。
・髪にツヤや潤いが出る。

デメリット

・一度でしっかり染めるのは困難。
・ヘアカラーと比べて色持ちが悪い。
・商品によってはタオルや寝具が汚れることも。

白髪染めトリートメントの選び方

白髪染めトリートメントは髪にも頭皮にも優しく、お風呂で毎日使えるのが特徴。
忙しい30代にとっては、最も使いやすい白髪染めといえます。

では、どんな白髪染めトリートメントを選ぶと良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

(1)成分:髪や頭皮に優しい?

白髪染めトリートメントを選ぶ際に最も重要なのは、「髪・頭皮への優しさ」です。

そこで注目すべきは、やはり「成分」。
特に化学成分や添加物をチェックすることが大切です。

近年、白髪染めによる皮膚トラブルが急増しており、その原因は化学成分と言われています。
なるべく化学成分や添加物が少なく、海藻エキスなど自然由来成分豊富なものを選びましょう。

また指定成分は無添加でも、それ以外の成分でアレルギー反応を起こすこともあります。
白髪染めトリートメントを選ぶ際には、全ての成分に目を通すようにしましょう。

(2)色:白髪の量に応じて選ぼう。

白髪染めトリートメントの色は、白髪の量を考えて選びましょう。

白髪が多い人が明るめの色を選ぶと、予想以上に明るくなってしまい、ますます白髪が目立ちます。
白髪の量が多い場合は、やや暗めの色から試しましょう。

なお、色が合わずカラーチェンジをする場合は、1ランクずつ試すようにします。
暗い色から一足飛びに明るい色にすると、色ムラができてしまいます。

(3)使い方:家で簡単に染められる?

白髪染めトリートメントはお風呂でも使えますし、ヘアキャップをつければ、染めながら家事をすることもできます。

ただ、なかには手や浴室が汚れやすいものも。

白髪染めトリートメントを選ぶ際には、手や浴室・洗面所が汚れにくいものや、汚れても落ちやすいものを選びましょう。

(4)価格:安すぎず高すぎないものをチョイス!

白髪染めトリートメントの相場は、1ヶ月分2,000円~4,000円ほどです。

ドラッグストアには700円ぐらいのものも売られていますが、あまり染まりません。
だからといって高すぎると、ケチケチ使うようになり白髪が染まりません。

安すぎず高すぎないものは品質も良く、たっぷりの量を頻繁に使うことができるので、しっかり染められます。

30代女性におすすめの白髪染めトリートメント

ではいよいよ「30代女性におすすめの白髪染めトリートメント」をご紹介していきます。
人気・実力ともに高い「白髪染めトリートメント ベスト3」は、いったいどんな商品なのでしょうか。

第1位:ルプルプ白髪染めヘアカラートリートメント

特徴

ルプルプは白髪染めトリートメント界のトップスター。
口コミサイトや通販サイトで、人気・売上ともに第1位をほこります。
エイジングケアのミューズ、武田久美子さんも愛用しています。

ルプルプは、白髪染めトリートメントでは珍しい「微アルカリ性」です。
白髪染めトリートメントは、たいてい弱酸性。
それは髪・頭皮にダメージを与えないためなのですが、酸性に傾くと白髪はなかなか染まりません。

ルプルプは弱酸性よりも、ややアルカリ性にすることで染毛力を強化。
酸性とアルカリ性のいいとこ取りをすることで「髪・頭皮に優しく、白髪がしっかり染まる」を実現しています。

「ルプルプ」のおすすめポイントは?

(1)自然由来の美容成分を高配合

ルプルプは美容成分を94%配合。
自然由来の美容成分が、髪にツヤを与えます。

北海道・函館産のガゴメ昆布が髪をしっかりと保護。
ラベンダーやローズマリーなどの天然エッセンシャルオイル配合で、ツンとしたニオイもありません。

(2)独自成分で髪を徹底保湿

ルプルプは、独自成分「ルプルプWフコイダン」を配合。
フコイダンとは海藻のヌルヌル成分で、海藻を採取する人の手がきれいであることから発見されました。

「ルプルプWフコイダン」は、高分子と低分子、ダブルのフコイダンパワーで髪をしっかり保湿。
ルプルプは髪にツヤが出ると評判ですが、ルプルプWフコイダンの効果と言えます。

(3)無添加でジアミン不使用

ルプルプは、無香料・無鉱物油・タール系色素・ジアミン系酸化染毛剤不使用。
アレルギーパッチテストもされているので、アレルギー体質の人も安心して使えます。
(※すべての人にアレルギーが起こらないわけではありません)

最近、ジアミンで重篤な皮膚トラブルを起こす人が増えているので、ジアミン不使用なのは高ポイントです。

(4)汚れてもすぐに落ちる!

手やお風呂・洗面所に付着してもすぐに落とせます。

「ルプルプ」は、こんな人におすすめ!

・髪や頭皮にダメージを与えたくない人

・ツヤと潤いのある髪にしたい人

・簡単に白髪を染めたい人

・浴室や洗面所を汚したくない人

ルプルプ白髪染めヘアカラートリートメントを詳しくは見てみるならこちらをどうぞ。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

第2位:利尻ヘアカラートリートメント

特徴

利尻ヘアカラートリートメントは、天然利尻昆布を使った白髪染めトリートメント。
髪表面に色をつける、マニキュアタイプの白髪染めです。

白髪染めトリートメントのなかでは、「染まりが良い」と評判。
イオン結合で髪の表面を染める「イオンカラー」と、キューティクルのすき間に入り込む「ナノ分子カラー」が、ダブルの力で髪をしっかり染めてくれます。

「利尻ヘアカラートリートメント」のおすすめポイントは?

(1)安心の無添加・ノンシリコーン

利尻ヘアカラートリートメントは、8つの無添加が魅力。
パラベン・シリコン・ジアミン系色素・香料・鉱物油・タール系(法定)色素・酸化剤・4級アミン、全て不使用です。

4級アミンとは「帯電防止剤」で、髪の静電気を抑える成分。
髪が静電気でボサボサにならないようにしてくれますが、頭皮に刺激があるのが難点です。

利尻ヘアカラートリートメントは4級アミンを配合していないので、頭皮に優しいです。

(2)28種の美髪成分配合

利尻ヘアカラートリートメントは利尻昆布の他、ヒアルロン酸、アルギン酸、保水フコイダンなど美容成分が豊富。
潤いのあるツヤ髪へと導きます。

(3)自然由来の色素を配合

利尻ヘアカラートリートメントは色素も自然派。
クチナシ、ウコン、シコン(ムラサキ根エキス)などで、髪や頭皮にダメージを与えることなく染め上げます。

「利尻ヘアカラートリートメント」は、こんな人におすすめ!

・短時間で白髪を染めたい人

・髪のパサつきを抑えたい人

・ノンシリコーンにこだわりたい人

利尻ヘアカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

利尻ヘアカラートリートメントを試しに見てみる

第3位:グローイングショット カラートリートメント

特徴

ポーラのブランド「グローイングショット」から出た白髪染めトリートメント。
「ハリ・コシのあるグラマラスな黒髪を目指す」がコンセプトなだけあり、「ダメージ補修」と「染色」の両方をしっかり叶えるよう作られています。

「グローイングショット カラートリートメント」は一度でしっかり染まると評判ですが、その秘密は「Wピグメント処方」。
大きさの違う2種類のピグメント(色素成分)が髪に吸着・浸透することで、外からも中からもきちんと染め上げます。

「グローイングショット カラートリートメント」のおすすめポイントは?

(1)さすがポーラ! 豊富な美容成分で髪のダメージを補修

「グローイングショット カラートリートメント」に含まれる美髪成分は、保湿・エモリエント効果が抜群。
セラミドやトチャカエキス、オタネニンジン根エキスをはじめ浸透型コラーゲンやアミノ酸なども配合されており、ウルツヤ髪を作ります。

(2)パウダルコ樹皮エキスで頭皮環境を改善

白髪対策には、頭皮環境の改善も大切。
ポーラオリジナル成分・パウダルコ樹皮エキスが頭皮環境を整え、髪を健やかにします。

(3)黒米エキスで、つややかな黒髪づくりをサポート

黒い食べ物は、昔から髪に良いと言われていますよね。
「グローイングショット カラートリートメント」は、ポーラオリジナル成分・黒米エキスでツヤのある黒髪づくりをサポートします。

「グローイングショット カラートリートメント」は、こんな人におすすめ!

・一度でしっかり染めたい人

・ハリやコシのある髪にしたい人

・色を長持ちさせたい人

ポーラのグローイングショットカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

【ポーラ】グローイングショットカラートリートメントを試しに見てみる

白髪染めトリートメントでうまく染めるコツは?

さて、白髪染めトリートメントを買っても、うまく染められないと意味がありませんよね。
うまく染められず、美容院でお直ししてもらうことになると、時間もお金も余分にかかります。

白髪染めトリートメントで、上手に白髪を染めるにはどうすればよいのでしょうか。

(1)ホコリや整髪料を落とす。

髪にホコリや整髪料がついていると、上手に色がつきません。
たとえばセロファンテープなども、ホコリがついているとなかなかくっつきませんし、くっついてもすぐにはがれてしまいますよね。
白髪染めトリートメントを使う際には、ブラッシングをしてホコリを取りましょう。

また整髪料がついている場合は、一度髪を洗い、ドライヤーなどで完全に乾かしてから染めましょう。

(2)染めはじめは、乾いた髪に塗る。

染めはじめは、シャンプー前の乾いた髪に塗るとよく染まります。
何日か使って色が髪に定着してきたら、シャンプー後の濡れた髪に塗ってOKです。
(※なお、基本的には商品のマニュアルにそって使いましょう。)

(3)染めたい部分から先に塗る。

白髪染めトリートメントは、付着している時間が長い部分ほど、よく染まります。
白髪が集中している部分や、生え際や分け目など白髪が目立つ部分から先に塗りましょう。

(4)なるべくコームを使う。

白髪染めトリートメントは素手で使えますが、しっかり染めたい場合はコームを使いましょう。
髪の毛1本1本、すみずみまで染めることができます。

(5)キャップをする。

白髪染めトリートメントはキャップをしなくても構いませんが、キャップをしたほうがベター。
一般に、白髪染めトリートメントは温めたほうがよく染まるので、キャップやラップで頭を包むのがおすすめです。

白髪染めトリートメントを使う時の注意点は?

(1)肌の弱い人は、保護クリームを。

白髪染めトリートメントは肌に優しいですが、場合によってはトラブルを起こすことも。
自分で髪を染めるときは、顔の周りに保護クリームを塗っておくとトラブル防止になります。

(2)熱いお湯で流すのはNG。

白髪染めトリートメント使用後、熱いお湯で流すのは避けましょう。
染めた後のシャンプーで、熱いお湯を使うのもNG。
色の定着が悪くなり、髪も傷みます。

(3)生理中や体調が悪い日は避けましょう。

頭皮に傷がある時や、生理中・体調が悪い時は使用を控えましょう。
白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しいですが、身体の状態によってはトラブルが起きることも。
なるべく体調が万全な時に使用するようにしましょう。

白髪染め「よくある質問」

白髪染めや、白髪に関する疑問・質問をまとめてみました。
読めば必ず「白髪染め上手」になれますよ。

白髪染めトリートメントを使う頻度は?

白髪染めトリートメントは作用が穏やかなので、一度使っただけではなかなか染まりません。
最初の数日~1週間程度は毎日使い、色が定着してきたら、徐々に間隔をあけるようにします。
ただ、色持ちはあまり良くないので、少なくとも1週間に一度は使いましょう。

色を長持ちさせるには?

白髪染めトリートメントの色持ちを良くするには、次の3つを心がけましょう。

(1)染める時は、キャップで髪を温める。

「うまく染めるコツ」でも書きましたが、染める際にキャップをすると、うまく染まるだけでなく色も長持ちします。

白髪染めトリートメントに配合されるHC染料は、細かい粒子でキューティクルに入り込みます。
ただ、キューティクルを無理にこじ開けることはないので、キューティクルが閉じていると染まりません。

キューティクルは髪が温まっている状態だと開きやすいので、染める際にはキャップで髪を温めましょう。
そうするとキューティクルにしっかりHC染料が入り込むため、色持ちが良くなります。

(2)カラーリングヘア専用のシャンプーを使う。

白髪染めトリートメントは、シャンプーするたびに色が落ちます。

そこでおすすめしたいのが、カラーリングヘア専用シャンプー。
ヘアダメージを補修したり、色あせを防いだりする効果が高いので、色が長持ちします。

(3)シャンプー後は冷風ドライヤーを!

白髪染めトリートメントはキューティクルに細かく染料を入れていくので、染める時は髪を温めてキューティクルを開きます。
でもキューティクルが開きっぱなしだと、色が落ちやすくなります。

シャンプー後は優しくタオルドライし、その後、冷風ドライヤーをあててキューティクルをピシッと引き締めましょう。

根元の白髪だけ染めたいんだけど・・・。

白髪染めでいちばん悩むのが、根元。
だんだん髪が伸びてきて、根元だけ真っ白ということになりがちです。

根元だけ染めたい場合は、リタッチ型の白髪染めがおすすめ。
リタッチ型の白髪染めはペンのようになっており、細かい部分を染めるのに適しています。
ノックすると染毛料が出てくるなど、使いやすいのが特徴です。

ちなみに白髪染めトリートメントは、頭皮に優しいのでリタッチ型の白髪染めとしても使えます。
コームで丁寧に根元だけ塗っていけば、わざわざリタッチ型の白髪染めを買わなくても根元だけ染めることができますよ。

白髪染めって髪が傷むの?

白髪染めが髪に与えるダメージは、白髪染めの種類によって大きく異なります。

ヘアカラーはキューティクルを分解し、脱色させてから色をつけるので髪がかなり傷みます。
一方、白髪染めトリートメントはキューティクルを分解しないので、髪はあまり傷みません。

髪が傷んでも一度でしっかり染めるか、一度だけではなかなか染まらないけれど髪への優しさを優先するか。
白髪染めをする際には、どちらかを選ぶことになります。

参照:白髪染めをすると髪が痛むのはなぜ?傷まない白髪染めはある?

白髪は自分で染める?美容院で染める?メリット・デメリットは?

白髪を染める方法には、自宅で自分で染める場合と、美容院で染めてもらう場合の2パターンがあります。
自宅染めと美容院染めでは、どちらが良いのでしょうか。

美容院で染めるメリット

(1)髪質・髪の量・生え方などに応じて染めてくれる。

美容院はプロの美容師が染めるので、髪質や量、生え方などに応じて染めてくれます。
プロの専門知識や技能がないとできないことなので、美容院ならではのメリットといえます。

(2)自分に合った色で染めてくれる。

美容院には、さまざまな色の白髪染めが用意されています。
さらに美容師が色を混ぜ合わせて、1人ひとりに合った色で染めてくれます。
複数の色を混ぜ合わせて染めるというのは、自宅染めではなかなかできません。

自分で染めるメリット

(1)費用がかからない。

自分で白髪を染める場合は、1ヶ月2,000円~5,000円程度ですみます。
一方、美容院だと8,000円~10,000円以上かかる場合も。

美容院で染めると長持ちはしますが、どうしても費用はかかります。

(2)時間を拘束されない。

自分で白髪を染める場合、白髪染めトリートメントなら20分ほどでOK。
染めている間、家事などもできます。

一方、美容院だと、最低1時間は拘束されることになります。

30代だと子供もまだ小さく、長時間の外出は困難です。

「時間をかけずに白髪を染めたい」「子供がいるから一人で美容院に行けない」

そんな悩みをお持ちなら、自分で染めるのがおすすめです。

白髪染めでかぶれないようにするには?

最近 白髪染めによる皮膚トラブルが問題になっています。
頭皮だけでなく耳や首までただれたり、アナフィラキシーショックで呼吸困難に陥ったりと、重篤な症状を引き起こす場合もあります。
一度重度の皮膚トラブルを起こすと、回復は非常に困難です。

白髪染めによる皮膚トラブルを防ぐためには、パッチテストが必須です。
特にヘアカラーの場合は、使うたびに必ずパッチテストをしましょう。

ヘアカラーには、ジアミン等アレルギーを起こしやすい物質が入っています。
アレルギー物質は体内に蓄積されると症状が出るので、今まで大丈夫だったとしても油断は禁物。
使うたびに、必ずパッチテストをしましょう。

ヘアマニキュアや白髪染めトリートメントはジアミン系成分などが入っていないので、比較的皮膚トラブルは起きにくいとされています。
それでも不安な方は、パッチテストをするのがおすすめです。

染める前に、顔の輪郭にそって保護クリームを塗るのも良いでしょう。

もし白髪染めでかぶれたら?

白髪染めを使っていて、少しでも刺激やピリピリ感を感じたら、すぐに使用を中止します。
激しいかゆみや赤みが出てきたら、なるべく早く皮膚科を受診しましょう。

受診する際には、使った白髪染めを持っていくのがおすすめ。
使用した白髪染めの成分がわかると、かぶれの原因を突き止めやすくなり、有効な薬を処方してもらえます。

参照:白髪染めでかぶれる!かゆい!原因は何なの?

白髪って防げるの?白髪の原因は?

白髪が生える原因は、はっきりとはわかっていません。

ただ「白髪が生えやすい体質」は遺伝すると言われており、家族や親せきに白髪の人が多い場合は、白髪が生えやすいかもしれません。

「こうすれば白髪を防げる」と言えるものはありませんが、ストレスと食生活を考えるのは重要です。

強いストレスがかかると、メラニンを作り出す栄養が行き届かなくなり、白髪の原因となる場合も。
ただし、ストレスによる栄養不足は徐々に表れるので、一晩で髪が真っ白になるということはありません。

食生活では、ヨード・チロシン・鉄分・銅・亜鉛・ビオチンを含む食材がおすすめ。
バランスの良い食事を心がけ、特に海藻、チーズ、大豆、アーモンド、ゴマ、牡蠣、肉類を積極的にとりましょう。

白髪は抜かない方がいい?

白髪を見つけると、つい「えいっ!」と抜きたくなりますよね。
でも白髪を抜くと、頭皮が大きなダメージを受けるので、抜くのはやめましょう。

1つの毛穴から出ている髪は1本だけではないので、薄毛の原因にもなります。
また白髪を抜くと毛穴が歪み、次に生えてくる毛が縮れ毛になる可能性があります。

白髪を1~2本見つけたら、抜くのではなく、ハサミで根元から切るか、マスカラタイプの白髪染めで隠しましょう。

さいごに

30代は家事・育児・仕事で忙しく、美容院で白髪を染める時間がなかなかとれません。

かといって、30代で白髪が目立つというのは避けたいもの。
生えてくるのを防ぐのは難しいので、何とかうまく隠したいですよね。

「あれ? 白髪?」と思ったら、まずは「白髪染めトリートメント」にトライするのがおすすめ。
白髪染めトリートメントなら、自宅で短時間で染めることができますし、髪にツヤも与えてくれます。
また低刺激で皮膚トラブルも少ないので、安心して使うことができます。

お子さんとお風呂に入っている間や、家事をしながら染めることもできるので、「白髪染めトリートメント」は30代女性にとって願ったり叶ったりの白髪染めなんです。

特にこのサイトで紹介した白髪染めトリートメントは、人気・実力ともにトップクラスの白髪染め。
いつまでも若々しい美髪でいたい・・・そんな希望をきっと叶えてくれますよ。

最後にランキングをご紹介します。

1位

>>>LPLP(ルプルプ)白髪染めヘアカラートリートメント<<<
(当サイトで一番の人気)

2位

>>>利尻ヘアカラートリートメント<<<

3位

>>>【ポーラ】グローイングショットカラートリートメント<<<

更新日:

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.