白髪染めの使い方

白髪の部分染めには白髪染めトリートメントがおすすめ。その理由は?

投稿日:

 

基本的に白髪染めは髪全体に塗っていくものですが、白髪染めをしてから時間が経って白髪が生えてきた場合は部分染めを行うこともあるでしょう。

一度白髪染めをして時間が経ってくると、髪が生えてきて全体の髪色のバランスが悪くなります。

部分染めをしない限り、誰の目から見ても不自然な髪色に見えてしまうので髪が生えてきたら部分染めを行う必要性がありますよね。

しかし、市販の白髪染めで部分染めを行うとなると、様々なデメリットがある上に手間もかかるのでおすすめ出来ません。

値段は安くてもデメリットがあるものを使い続けるというのは、髪や頭皮の環境を悪化させる原因になりかねないでしょう。

そんな時に役に立つのが、白髪染めトリートメントです。

では、市販の白髪染めで部分染めをする時のデメリット、そして白髪染めトリートメントのメリットなどをご説明しましょう。

市販の白髪染めで部分染めをすることのデメリット

自宅で部分染めをするとなれば市販の白髪染めを活用するかと思われますが、市販の白髪染めで部分染めをする際には様々なデメリットがあります。

市販の白髪染めでデメリットが発生するなら、美容院で部分染めをすればデメリットは払拭されると思う人もいるかもしれません。

しかし、美容室は誰でも通おうと思えば通えるような場所ではありません。

美容室の予約がなかなか取れなかったり、部分染めをするだけなのにやたらと時間がかかったりと、普段忙しい主婦やOLなどは手軽に通うことは難しいでしょう。

特に問題になるのが、価格です。

美容室に通う際の価格は少なくとも全体染めの半額程度にしかならない為、少し白髪が気になってきたから部分染めをしに行くのを繰り返していると、あっという間に経済的な問題が発生します。

その反面、自宅でなら仕事で忙しくても好きな時に部分染めが出来ますし、市販で販売されている白髪染めは美容室とは比べ物にならないくらい安価です。

放置している時間も有効的に活用出来るので、自宅で部分染めを行った方が圧倒的に便利です。

しかし、デメリットとして、

・自分で見えない部分は上手く染められない
・髪や頭皮にダメージを与える可能性がある

以上のような問題点が挙げられます。

では、順にデメリットについて詳しくご説明しましょう。

誰かに手伝ってもらわないと染め残しが出てしまう

人によって部分染めの必要性がある髪の箇所は違います。

不自然な見た目にならないようにする為にも白髪を全て部分染めする必要性がありますが、後頭部などの見えない部分を染め切るのが非常に難しいのが大きなデメリットとして挙げられます。

染め切れなかった部分は誰かに手伝ってもらうか、白髪を別の方法で隠さなければならず、そのままでは一層染められた他の髪色との差が丸わかりになってしまうでしょう。

いっそのこと見えない部分はそのまま諦めるか、手探りでも良いので何としてでも染め切るか、部分染めではなく全体染めを行うかなど様々な手段を講じる必要性があるでしょう。

この点で言えば美容室で部分染めしてもらった方が綺麗に染めてもらえるので、自宅で部分染めを行う場合は見えない部分をどうするのかを考えなければなりませんね。

市販の白髪染めには髪や頭皮に刺激を与える成分が配合されている可能性がある

もう一つ忘れてはならないのが、市販の白髪染めには髪や頭皮に負担をかけ、刺激やダメージを与えるような成分が配合されている可能性があるということです。

代表的な有害成分として覚えておきたいのが、過酸化水素水とパラフェニレンジアミン、パラアミノフェノールの3つです。

これらの有害成分は白髪を効率良く染めるのに適しているので、これらが配合されている白髪染めを使用すれば手間をかけることなくあっという間に白髪を染めることが出来ます。

しかし、手間の代償に髪に甚大な負担やダメージを与えることになります。

髪を黒く染める為の成分の生成を弱めてしまいますし、成分が頭皮から吸収されることによって頭皮環境を悪化させてしまう恐れもあるでしょう。

何よりアレルギーの原因になる可能性も大いにある為、様々な被害を及ぼさない為にも有害成分が配合されている白髪染めは使わない方がいいのです。

もちろん全ての市販の白髪染めに有害成分が配合されているわけではありませんが、もし使用するつもりなら成分表の確認は絶対に怠らないようにしてくださいね。

自宅で部分染めをする場合だとどんな手間がかかる?

デメリットをご説明したところで、次に部分染めをする時の手間についてご説明しましょう。

美容室で部分染めをする時にはないような手間がかかる為、思わず家で部分染めするのを躊躇してしまうようなことばかりです。

どのような手間がかかるのでしょうか。

自宅での部分染めをする時の準備に手間がかかる!

まず、自宅で部分染めをする時には様々な準備が必要です。

白髪染めを始める前に新聞紙やタオルなどを用意しなければなりませんし、万が一床に染料が付着するようなことがあれば、時間が経つほど落ちなくなるのですぐに拭き取らなければなりません。

部屋が寒いと白髪が染まりにくいので室温を調節する必要もあれば、お風呂場で部分染めをした後の後始末もしなければならないなど、非常に手間がかかります。

一度や二度ならまだしも、再び白髪が生えて目立つたびに部分染めを定期的にする必要があるので、毎回部分染めの準備をするのが面倒に感じる人も少なくありません。

その反面、美容室であれば来店して椅子に座って部分染めがしたいと言うだけで担当スタッフが部分染めを行ってくれる為、準備も後始末もしなくていいです。

自宅で部分染めをするということは、非常に手間がかかるということを覚えておきましょう。

部分染めだけをしていればいいというものではない?

貴方は一度白髪染めをして全体を綺麗に染めた後、伸びてきた白髪を毎回部分染めするだけでいいと思っていませんか?

しかし、部分染めをするにあたって忘れてはならないのが、全体染めした髪の退色です。

白髪染めは一度染めたらずっと同じ色を保っているわけではなく、時間の経過や日頃のシャンプーなどによって徐々に退色していきます。

特に髪が細い人や傷んでいる人ほど髪の退色が早くなる為、部分染めした髪と比べると薄さが目立って不自然に見えてしまうことになるでしょう。

どんなに正しく白髪染めをしていても髪や頭皮は少しずつダメージを蓄積しているので、部分染めをする場合は数ヶ月に1度など定期的に全体染めをするという手間がかかります。

市販の白髪染めでは髪を補修する成分などは配合されていない可能性が高いので、染め続けるだけで髪や頭皮を傷めているということを忘れてはいけませんよ。

白髪染めトリートメントのおすすめ出来るポイントやメリットをご紹介!

市販の白髪染めで部分染めをすることによるデメリットや手間のかかり方を懸念するのであれば、是非とも白髪染めトリートメントを使ってみてはいかがでしょうか。

白髪染めトリートメントは市販の白髪染めなどとは違い、様々なメリットがあります。

市販の白髪染めでは出来なかったことが出来るようになるなど、おすすめ出来るポイントも多くあるので使って損はないでしょう。

では、どのようなメリットやおすすめのポイントがあるのかをご説明します。

髪や頭皮に刺激を与えるような成分は配合されていない

全体染めならず部分染めをする時に市販の白髪染めを使っていては、本当に刺激を与えるような成分が配合されていないか気になりますよね。

髪や頭皮に刺激を与えてしまっては部分染めどころの話ではないので、刺激を与えるような化学成分が配合されていない白髪染めを使うのが望ましいでしょう。

その点で言えば白髪染めトリートメントは非常に安心して活用出来る製品だと言えます。

白髪染めトリートメントには化学成分が一切配合されていない為、使うたびに髪や頭皮にダメージを与える心配がありません。

市販の白髪染めは基本的に1剤と2剤を混ぜ合わせて塗る2剤式のものが多くありますが、白髪染めトリートメントは2剤式ではないので混ぜ合わせるような手間もかかりません。

また、化学成分が配合されていないということは化学成分独特のアンモニア臭などもしないので、使う前や染めた後の髪の臭いも一切気にならないでしょう。

それどころか白髪染めトリートメントには素手で使っても大丈夫な天然由来成分と共に海藻エキスや植物エキスなども配合されている為、美髪効果も期待出来るなど、まさに市販の白髪染めでは得られなかった効果が満載です。

髪を労わりながら部分染めが出来るのは白髪染めトリートメントの他には滅多にないので、髪や頭皮にダメージを与えたくないのであれば白髪染めトリートメントを活用するのが得策ですね。

毎日のシャンプーをするような感覚で活用出来る

白髪染めトリートメントのおすすめポイントは、毎日使っているトリートメントの代わりに使用することが出来るという点です。

白髪染めトリートメントには通常のトリートメントのように美髪効果をもたらすエキスなどが配合されている為、普段使っているトリートメントの代わりに使用しても何も問題ありません。

つまり、普段使っているトリートメントの代わりに使用出来るということは、市販の白髪染めを使用する時のような面倒な準備をしなくてもいいということになります。

市販の白髪染めを使う場合、白髪染めを始める前に新聞紙やタオルなどをいちいち準備しなければなりませんし、床に染料が付着しないように注意しながら染めなければならなかったりと気が休まる時がありません。

しかし、白髪染めトリートメントであれば面倒な準備が必要なければ後始末の手間もかからないなど、時間と手間が一切かからない染め方として非常に効果的です。

毎日トリートメントをするだけで部分染めが出来るので、これほど時間と手間がかからない簡単な白髪染めの方法は他にありません。

また、それ以外にも放置時間が短めというメリットもあります。

もちろん使用する商品によって違いがありますが、基本的に数分で済むことが多く、湯船に浸かっている間に放置して後で洗い流せるなど効率の良さにも優れています。

市販の白髪染めだと場合によっては20分から30分以上放置しなければならないなど、手間がかかって効率的ではありません。

時間と手間のかからなさで白髪染めを選ぶなら、白髪染めトリートメントがおすすめ出来るでしょう。

部分染めに最適!

白髪染めトリートメントは全体染めだけでなく、部分染めにも最適です。

通常、市販の白髪染めだと後頭部など自分が見えない場所は手探りで染めるしかなく、染め上がりが不自然になりがちです。

しかし、白髪染めトリートメントなら毎日のトリートメントと同じ感覚で使用出来る上に、既に染めた髪も新たに生えてきた白髪もまとめて染めることが出来ます。

つまり、わざわざ部分染めを行う必要性がないということになるのです。

全体的にまとめて塗ってしまえば見えない白髪も効率良く染めることが出来ますし、髪や頭皮に刺激を与える成分が配合されていないので毎日使うことによるダメージを心配する必要もありません。

使えば使うほどに染まり上がる為、髪の生え際や分け目など白髪が目立ってしまう部分も不自然に見せることなく綺麗な髪色に染められるでしょう。

白髪染めトリートメントであれば綺麗な髪色と共に美髪も維持出来るので、まさに白髪染めに役立つ製品として大いに活用出来ますね。

白髪染めトリートメントにはデメリットもある

非常に便利なメリットがある白髪染めトリートメントですが、気になるデメリットもあります。

ただし、デメリットがある点を踏まえたとしても全体染めはもちろん部分染めにも役立つものなので、美容室に通う暇がなく、市販の白髪染めで問題が発生するようなら白髪染めトリートメントを活用するのがおすすめです。

では、どのようなデメリットがあるのかをご説明しましょう。

一度の使用で一気に染まるわけではない

白髪染めトリートメントは天然由来成分によって白髪を染めていくので、いきなり白髪が真っ黒になるわけではありません。

たった一回白髪染めトリートメントを使っただけでは白髪が少ししか染まっていかない為、しっかりとした色に染め上げるまでには基本的に1週間から10日ほどかかることがほとんどです。

その反面、市販の白髪染めであれば一回の使用で白髪をしっかりと染めることが出来ます。

しかし、このデメリットは一概に欠点にはなり得ないとも言えます。

何故なら、白髪を一気に染めてしまうと周囲の人に白髪を染めたとバレやすくなるからです。

白髪染めによって急激に髪が染まってしまうと、あまりの変化に自分自身が戸惑うこともあれば、周囲の人に「この人、白髪染めをしたんだな」と思われやすくなります。

さらに、しっかりとした色に染まり上がるといっても毎回の使用で髪や頭皮にダメージを与えるわけではないので、ゆっくりと髪を染めたい人にとってはこの上ないメリットとなります。

白髪染めトリートメントを毎日使うことになるとはいえ、一度しっかり染まれば毎日使わなくても週に2、3回の頻度で使うだけでいいので、部分染めをするのには十分でしょう。

元々市販の白髪染めでは1回でしっかりと染まる代わりに髪や頭皮にダメージを与える恐れがある為、その点を踏まえれば大したデメリットにはならないのではないでしょうか。

美容室ほどではないものの、コストパフォーマンスが良くない

白髪染めトリートメントは市販の白髪染めと比べると、比較的値段が高額です。

もちろん美容室に通うほど高額というわけではありませんが、それでも最初のうちは毎日使わなければなかなか発色していかないのでコストがかかりがちになります。

そうなると市販の白髪染めを使った方がコストがかからないと言えるものの、それでも白髪染めトリートメントの方が良いところもあります。

最初こそコストがかかりますが、一度全体的に染まってしまえば回数を減らして使っても問題はないので、その分コストがかからなくなるのです。

全体的に染まり上がるまで我慢すればいいことから、さしたるデメリットにはならないかもしれません。

それ以前に髪や頭皮にダメージを与えず、簡単に白髪を染められることの方が魅力的に感じるでしょう。

白髪染めトリートメントを使うなら、ルプルプの白髪染めトリートメントがおすすめ!

市販の白髪染めではなく、白髪染めトリートメントを使用するならルプルプから販売されている白髪染めトリートメントがおすすめです。

数ある白髪染めトリートメントの中でも特におすすめ出来るこの製品には、様々な特徴やポイントがあります。

では、どんな特徴やポイントがあるのかをご説明しましょう。

ルプルプ白髪染めトリートメントの特徴

ルプルプの白髪染めトリートメントの特徴として挙げられるのが、

・白髪染めランキングにおいて1位と獲得している
・楽天市場にて全白髪染めの総合ランキング1位を獲得している
・選べる髪色が4種類
・男性でも使用出来る

以上を初めとする4つです。

ルプルプの白髪染めトリートメントは数多くの使用者が効果があると一番実感しているという実績があります。

これは染まりやすさや髪や頭皮への優しさがどれだけスゴイかという大きな特徴であり、その上楽天市場で数多くある白髪染めを抑えて総合ランキング1位に輝くなど、それだけ多くの人が効果があることを物語っています。

染料をたっぷりと全体に塗り込み、通常10分、しっかり染めるなら20分から30分置き、その後洗い残しがないようにぬるま湯で念入りにすすぐだけの簡単な作業で髪がしっかりと染まる為、使い勝手がいいのも評価に繋がっているでしょう。

白髪染めトリートメントは基本的に1週間から10日程度連続で使用することになりますが、ルプルプの白髪染めトリートメントでは1日1回3日連続で使い、その後は1週間に1、2回使うだけでいいのでコストも低めです。

選べる色は赤みがある落ち着いた色のダークブラウン、やや明るめのブラウン、自然な色合いのモカブラウン、黒すぎず自然な黒色のソフトブラックの4種類から選べます。

白髪染めは女性がするものだと思われがちですが、もちろん男性でも使用することが出来る白髪染めトリートメントなので、男性でも白髪染めがしたい人におすすめ出来ます。

おすすめのポイント

ルプルプの白髪染めトリートメントのおすすめ出来るポイントとして、

・浴槽などに付着しても洗うだけで落とせる
・植物由来の天然成分を使用
・ガゴメ昆布のフコイダンを配合
・エッセンシャルオイルによる心地の良い香り
・微アルカリ性なので染まりやすい
・髪の補修と共に保湿にも優れている

以上を初めとするポイントが挙げられます。

まず、白髪染めトリートメントを使っていて心配になるのは手や浴槽などに付着しても簡単に落とせるかどうかです。

毎回浴槽などに付着しないように出来るわけではありませんし、何かと掃除が面倒になるのは避けたいですよね。

しかし、ルプルプの白髪染めトリートメントは手や浴槽などに付着しても洗うだけで簡単に落とすことが出来ます。

万が一床や浴槽などに付着するようなことがあったとしても、その後の手入れが手軽に済ませられます。

また、髪や頭皮にダメージを与えない植物由来の天然成分が配合されており、髪に優しいだけでなく素手で染められる上に石鹸で簡単に洗い流せるので手間がかかりません。

フコイダンというのは粘り気のある成分であり、希少なガゴメ昆布を使用して作られます。

このフコイダンによる粘り気によって髪と地肌を保護してくれるだけでなく、ルプルプWフコイダンというオリジナル成分も配合しています。

このオリジナル成分はフコイダンを高分子化、低分子化させることによって作られており、肌の内外にしっかりと潤いを与えることでしっとりとした髪に染め上げてくれるのです。

もちろん染めていて嫌な臭いがすることもなく、エッセンシャルオイルも配合しているので果物や植物のような心地良い香りが広がります。

そして、この白髪染めトリートメントは微アルカリ性というポイントがあります。

基本的な白髪染めトリートメントはしっかりと染まるまで時間がかかるのが難点でしたが、微アルカリ性であればキューティクルを少しだけ開いて染料を浸透させるので、通常より少ない回数で染めることが可能です。

もちろん開いたキューティクルは配合されている補修成分によってしっかりと補修され、保湿成分で髪を保湿してくれるなど至れり尽くせりだと言えます。

実際にルプルプの白髪染めトリートメントを使った人は「面倒な白髪染めも簡単に出来て便利!」「髪の傷みに悩んでいたので嬉しい!」「手間をかけずに染められるので綺麗な髪が簡単に手に入ってスゴかった!」などの多くの喜びの声があるほどです。

ここまでのメリットやおすすめポイントがあるのは非常に魅力的なので、これを機に試してみてはいかがでしょうか。

ルプルプの白髪染めトリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

部分染めにおすすめの白髪用ヘアカラートリートメントを試しに見てみる

さいごに

市販の白髪染めによる部分染めは簡単に白髪が染められるので便利ですが、その分デメリットもあるので、有害成分が配合されているものは使わない方が良いでしょう。

髪や頭皮にダメージを与える恐れがありますし、準備や後始末に手間がかかるなど問題が多くあります。

その点で言えば白髪染めトリートメントは手間も準備もかかりませんし、髪や頭皮にダメージを与えることもありません。

複数回使う必要性があるものの、安心して部分染めが出来るとなればもはやデメリットはないも同然です。

もしも市販の白髪染めを使っていて問題があるようであれば、これを機に白髪染めトリートメントに変えてみてはいかがでしょうか。

ルプルプの白髪染めトリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

部分染めにおすすめの白髪用ヘアカラートリートメントを試しに見てみる

-白髪染めの使い方
-,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.