白髪染めの効果

白髪染めをすると髪が痛むのはなぜ?傷まない白髪染めはある?

投稿日:

 

あなたは白髪染めを使っていて、髪が痛んだことがありませんか?

白髪があると実年齢よりも老けて見えることがあるので、出来ることなら白髪を隠したいと思いますよね。

その為にも白髪染めが役に立つのですが、なんと白髪染めを使っていると髪が痛むことがあるのです。

「髪が痛むくらいなら白髪染めを使うのはNGなの?」

……と思われるかもしれませんが、諦めるのは早いですよ。

髪を痛めない白髪染めがあるので、それを使っていくのがお勧めです。

そこで今回は、髪が痛むというのはどういうことなのか、なぜ白髪染めで髪が痛むのか、お勧めの白髪染めとは何かをご説明します。

髪が痛むってどういうこと?

そもそも髪が痛むというのはどういうことなのでしょうか。

髪が痛む仕組みが分かれば、これ以上髪を痛めずに済むかもしれません。

髪が痛むということは、髪を傷つけているということ

髪が痛むというのは髪を傷つけているということになりますが、どのような状態が髪を傷つけているということになるのか分かりづらいですよね。

髪は基本的に内側の層から順にメディア、コルティックス、キューティクルの3つの層に分かれています。

髪が痛むという仕組みはこのキューティクルに問題があります。

キューティクルが何らかの原因によってめくれたり剥がれ落ちたりすると、髪の内部が剥き出しの状態になってしまい、内部にある水分がどんどん蒸発してしまうのが大きな原因です。

水分が抜けると髪を正常に保つ働きがあるタンパク質が外部に流れ出てしまい、最終的にタンパク質がほとんどない状態になることで初めて髪が痛んだ状態になります。

痛んだ髪は水分もたんぱく質もほとんどない為、髪がキシキシ、パサパサしたり、ごわついてしまいます。

さらに痛んだ髪を放置していると、枝毛が目立ったり髪が簡単に切れるようにもなるでしょう。

なので、健康な髪質を維持する為には何としても髪が痛まないように注意する必要性があるのです。

どんなことをすると髪が痛みやすくなる?

髪が痛みやすくなる原因として、

•シャンプーのやり方が悪い
•ドライヤーの時間が長い
•カラーリングやパーマ
•紫外線

以上を初めとする原因が挙げられます。

髪を乾燥させたり、髪に刺激を与えるような行為は髪にとって大きなダメージとなって返ってくるので十分に気を付けなければなりません。

なぜ白髪染めをすると髪が痛んでしまうの?

先ほど髪が痛む原因についてご説明しましたが、問題はなぜ白髪染めを行うと髪が痛むのかどうかについてです。

白髪が目立ってくると途端に実年齢以上に見えてしまうので、白髪染めで隠したいという気持ちは誰でも持つものです。

しかし、白髪染めを使っていて髪が痛んでしまっては元も子もありませんよね。

白髪染めで髪が痛むのは薬剤が原因!

白髪染めを使用して髪が痛んでしまう原因として挙げられるのが、白髪染めに含まれている薬剤が一番の原因です。

白髪染めには基本的に髪を効率良く染める為に染色剤が含まれており、強いアルカリ性という特徴があります。

この染色剤によって白髪が染まっていくのですが、白髪は髪が白くなっただけで質感などが変わったりすることがありません。

なのでしっかりとした丈夫な白髪を染める為には多くの白髪染めを使わなければならず、多く使うほどアルカリ性の薬剤が髪を痛ませる原因となるのです。

白髪染めの染め方にも問題がある!?

問題なのは白髪染め本体だけでなく、白髪染めの染め方にも問題があります。

通常、白髪染めを使うサイクルは短くなくても構いませんし、毛先が黒い場合は毛先まで染める必要性はありません。

しかし、白髪染めで髪が痛む人の白髪染めの染め方に多いのは、根元から伸びてきた白髪を逐一染める為に短い期間で白髪染めを使うケースです。

もちろん髪を染めるサイクルが短いほど白髪染めを塗ることになるので、その分髪や地肌にダメージを与えてしまいます。

また、根元の白髪を染める為に部分染めを行う際に、色落ちや全体的なバランスなどを考慮して毛先まで白髪染めを塗るのもNGです。

元々健康な髪なのに、髪に負担を与えるような白髪染めを短いサイクルで使っていくだけで、あっという間に髪が痛んでしまうでしょう。

しかも、毛先まで白髪染めを使ったのに、何故か染めムラが出来てしまうことがありますが、これは短いサイクルで毛先まで白髪染めを使った影響で知らない間に髪が痛んでしまっている証拠です。

この現象は髪にブリーチをしているのと一緒であり、せっかく白髪を染めたのにしばらく経つと再び元の色に戻ってしまいます。

髪が痛んでいるということはキューティクルが開いているということなので、何度髪を染めたとしても色が髪に定着しません。

その為、短いサイクルでたっぷりと白髪染めを使用し続けるのはNGだと言えるでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めではどっちが髪が痛む?

白髪染めを使用すると髪が痛むのは分かりましたが、それならおしゃれ染めではどうなのでしょうか。

白髪染めで駄目ならおしゃれ染めという手段がありますが、これも髪が痛む原因になったら怖いですよね。

どちらかといえば白髪染めの方が痛みやすい

結論から言えば、おしゃれ染めよりも白髪染めの方が髪にダメージを与えます。

ただし、白髪の染まりやすさは白髪染めの方がダントツであり、おしゃれ染めだと白髪が綺麗に染まりにくいので注意しましょう。

一番の争点となるのは、髪を染めていく頻度の問題です。

髪を染める頻度が多くなるほど髪を痛めることになるのですが、おしゃれ染めの場合だと白髪染めのように半ば義務のように白髪を染めなくても構わないという安心感があります。

対して白髪染めは放っておくと根元から再び白髪が生えてきてしまいますし、髪が色落ちするので再度白髪染めを使用しなければなりません。

したがって頻度が少なくても構わないおしゃれ染めと白髪が目立ってきたり色落ちしたら髪を染めるサイクルが多くなりがちな白髪染めの場合、白髪染めの方が髪を痛めやすいということになります。

自分で染めるのと美容院で染めるのとではどう違う?

「自分で白髪染めを行うから髪が痛んじゃうんじゃないの?」

……と思っている貴方は美容院で白髪染めを行った方が髪が痛みにくいのでは、と思っているかもしれません。

実際、自分で染めるのと美容院で染めるのとではどう違うのでしょうか。

自分で染めるより、美容院で染めた方が髪が痛みにくい!

自分で染めるのも美容院で染めるのも髪が痛むと考えられますが、どちらかといえば美容院で白髪染めを行った方が良いでしょう。

というのも、市販で売られている白髪染めと美容院で使われている白髪染めには違いがあります。

美容院で使われている白髪染めは基本的に脱色剤が少なめなのに対し、染毛剤が多めになっています。

これは元々髪が染まりにくい為なので、白髪染めを使う量が多いほど髪にダメージを与えることになるでしょう。

ただ、自分で白髪染めを行う場合と違うのは、どの程度しっかりと染めるのかを決めることで適量を使ってくれることです。

自分で白髪染めを行う場合だとどのくらい使えばいいのか分からず、とにかく大量に使えばいいと思ってしまうケースもあります。

それなら美容院でプロの手で白髪染めを行った方が可能な限り髪を痛めずに染められると言えます。

対して自分で白髪染めを使う場合、美容院で行うのと違って非常に痛みやすいので注意が必要です。

市販で売られている白髪染めは美容院のと比べると含まれている薬剤が全く違います。

しかも白髪染めに限らずおしゃれ染めを行う場合も同様であり、素人でも簡単に染められるように強力な薬剤が使用されているのです。

髪への負担もお構いなしに強力な薬剤が含まれている為、それを使い続けることによって髪が瞬く間に痛んでしまいます。

さらに色落ちも非常に早いことから、髪へのダメージさらに拍車をかけることになるでしょう。

白髪染めを行う頻度はどれくらいがベストなの?

貴方は普段、どれくらいの頻度で白髪染めを行っていますか?

白髪染めを行ってもしばらく経てば根元の白髪が目立ってきたり、毛先が色落ちしてきたりと定期的に白髪染めを行う必要性が出てきますよね。

でも、白髪染めを行う作業は非常にめんどくさいものですし、だからといって色落ちするのを黙って見ているわけにもいきません。

いろいろと悩まされる白髪染めですが、白髪染めを行うベストな頻度が分かれば大変参考になりますよね。

白髪染めにベストな頻度というのはない

結論からいうと、白髪染めにベストな頻度など存在しません。

というのも、白髪染めを行う頻度は髪の染まり具合に大きく左右されますし、髪の状況や髪質など様々な要素が関わってきます。

そんな中で誰もが均等に同じ回数の白髪染めを行ったところで、大きく差が生まれることも珍しくありません。

それなのに髪へのダメージはみんな同じなので、白髪染めを使用する際には自分に一番合う白髪染めの方法とどのくらいで色落ちするのか、根元から白髪が目立ってくる周期はどれくらいなのかなどを計算するのが得策です。

とにかく根元を染めたい、色落ちしているからといってやみくもに白髪染めを使うのは止めましょう。

本当に髪を痛めずに白髪が染められるルプルプ ヘアカラートリートメント

「白髪染めで髪が痛むなら使いたくない!」

……という人でも、まだ諦めるのは早いですよ。

そんなあなたの為にお勧め出来るのが、ルプルプ ヘアカラートリートメントです。

ルプルプ ヘアカラートリートメントは髪へのダメージを与えることなく白髪染めが出来るという画期的な商品です。

もしも様々な白髪染めを試しても駄目だった場合は、こちらの商品を試してみましょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメントの特徴

ルプルプ ヘアカラートリートメントの特徴は染め上がり、しっとり感、頭皮への優しさ、そして誰でも簡単に使い続けられるということです。

白髪が気になる部分に念入りに馴染ませながら全体的に塗っていき、その後しっかりと染めたいなら20分から30分ほど放置します。

そして根元から毛先にかけてぬるま湯でゆっくりとすすぎます。

この3ステップだけで綺麗に髪が染まっていくのです。

しかも1週間に1回から2回使うだけでいいので、経済的にも優しいなど様々な特徴があります。

なんで髪が痛まないの?

魅力的な白髪染めですが、なぜ髪が痛まないのか気になりますよね?

その秘密は、髪や頭皮に優しい天然染料を使用しており、さらに身体に害がない無添加処方、髪を保護してくれるフコイダンという成分が含まれていることなどが挙げられます。

さらに美容成分が9割以上も含まれているなど、まるでトリートメントを使ったような洗い心地が実感出来ます。

しかも、ルプルプ ヘアカラートリートメントは微アルカリ性なので髪が痛みにくく染まりやすいという良いとこ取りのような嬉しいポイントが多くあります。

普段の白髪染めによる悩みがある人は、是非ともこのルプルプ ヘアカラートリートメントを使ってみてはいかがでしょうか。

ルプルプのヘアカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントを試しに見てみる

さいごに

白髪が目立ってくると実年齢よりも老けて見えるとはいえ、安易に白髪染めを乱用してはいけません。

白髪が染められるといっても白髪染めは髪に大きなダメージを与えてしまいますし、髪が痛んでいることに気づいてからはもう遅いでしょう。

白髪染めを使うなら出来る限り髪が痛まないものを使用するか、上記に挙げたヘアカラートリートメントを使用するなど、髪が痛まないようにすることが重要です。

-白髪染めの効果
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.