白髪染めの効果

白髪染めとおしゃれ染めの違いは?白髪にはどちらがいいの?

投稿日:

 

白髪染めは白髪を染める為に使用するものですが、その他におしゃれ染めという方法で白髪を染めることも出来ます。

白髪をおしゃれに染めるという時点でおしゃれ染めの方が良さそうな気もするのですが、一体どちらを使えばいいのか分かりませんよね。

それぞれにメリットやデメリットがあるなら、知っておいて損はないでしょう。

そこで、白髪染めとおしゃれ染めの違いをご説明します。

白髪染めの特徴とは?

一般的に幅広く知られている白髪染めというのは、通常のヘアカラーと違って染毛力に長けているのが大きな特徴です。

白髪染めには基本的にアルカリ性が含まれており、それによって髪のキューティクルを開かせて脱色させ、染料で染めていくのが基本的な白髪染めのメカニズムになっています。

白髪染めのメリット

白髪染めのメリットとして、

・白髪を染めることで若々しく見える
・基本的にしっかりと染まるので長持ちしやすい
・安価で染められる
・染め上げるのに時間がかからない
・美容院で白髪染めを行うと綺麗に染まりやすく、色持ちしやすい

以上を初めとするメリットが挙げられます。

ます、白髪染めを使用する一番の目的は白髪を染めることです。

白髪が徐々に増えてくると実年齢よりも老けて見えることが多くあるので、白髪を染めることで実年齢と同等かそれ以上に若く見えるのが一番のメリットだと言えるでしょう。

しっかりと染まることで自信もつきますし、基本的に簡単に色落ちすることもないので染まった髪が長持ちするのも嬉しいところです。

また、市販で売られている白髪染めは誰でも買い求めやすい安価な値段となっている為、繰り返し使う場合でもそれほど経済的なダメージを負いにくいです。

美容院に通うと費用の負担が大きくなりがちなので、安価で済ませられるのは大きなメリットでしょう。

さらに、美容院で白髪染めを行う場合だと全てのコースが終了するまで最低でも1時間は時間を要します。

美容院の方が安心して任せられるとはいえ、これでは美容院に通っている時間がない人は白髪染めが簡単に出来ませんが、市販で売られている白髪染めは違います。

自分でいつでも好きな時に白髪染めが出来る上、しっかりと染まり上がるまで1時間もかからないことがほとんどです。

これなら普段から忙しくて時間が取れない人でも、手軽に白髪染めが出来るでしょう。

ですが、美容院で白髪染めを行うことにこそメリットがあります。

美容院で白髪染めを行う場合、自分で白髪染めを使う時と違ってプロの人が染めてくれる為、綺麗に染まるのが大きなメリットです。

しかも美容院で使われる白髪染めは市販のものとは違い、高い品質の薬剤が含まれている為、基本的に一度染まればなかなか色落ちしにくいでしょう。

白髪染めのデメリット

白髪染めにはメリットだけでなく、デメリットも潜んでいます。

・確実に髪にダメージを与える
・頭皮の状態によっては商品との相性が悪く、頭皮がかぶれることがある
・美容院で白髪染めを行うとコストがかかる

以上のデメリットが挙げられるので、白髪染めを使う場合は十分に注意しましょう。

特に一番気を付けておきたいのは、市販の白髪染めでも美容院で白髪染めを行っても髪に与えるダメージは絶対に避けられないということです。

白髪染めの特徴は髪のキューティクルを開かせることにあるので、使用し続けていると必然的にキューティクルを傷つけていることになります。

キューティクルが傷つけば髪がパサパサ、キシキシしたり、ごわついたり、枝毛や切れ毛といった様々な問題を引き起こすことになるでしょう。

また、白髪染めに含まれている薬剤は頭皮をかぶれさせる恐れもあります。

白髪染めは根元までしっかりと染めなければならないので染料がほぼ確実に頭皮に付着する為、相性が悪いとかぶれてしまいます。

そして美容院で白髪染めを行っている人は痛感しているかもしれませんが、コストがかかりやすいのが欠点です。

美容院での白髪染めは安い料金のところもありますが基本的に料金が高く、白髪が目立ってきたからといって短期間に通い続けていると経済的な負担が非常に大きくなるでしょう。

おしゃれ染めの特徴とは?

実は白髪染めとおしゃれ染めには大きな違いはないと言われています。

ただ、白髪染めは白髪を暗く染めるのに対し、おしゃれ染めは髪を明るく染めるのに適しているという特徴があります。

したがって髪を明るく染めたいというのであれば、白髪染めではなくおしゃれ染めがお勧め出来るでしょう。

おしゃれ染めのメリット

おしゃれ染めのメリットとして、

・カラーバリエーションが豊富
・安価で購入出来るのでコストパフォーマンスに優れている

以上のメリットが挙げられます。

基本的に白髪染めはカラーバリエーションに乏しいのでただ白髪染めを染めるだけなら問題ありません。

しかし、髪をもっとおしゃれに染めたいという人はおしゃれ染めが適しています。

明るい色ならどんな色でも染められると言わんばかりにカラーバリエーションに富んでいる為、自分の好きな色に染められるというメリットがあります。

美容院でおしゃれ染め行う場合ならプロの手でしっかりと染まる為、自分で行うよりも綺麗に染まり上がるでしょう。

また、市販で売られているおしゃれ染めのヘアカラーは基本的に安価なので、誰でも手軽におしゃれ染めが楽しめます。

コストパフォーマンスも高く、頻繁におしゃれ染めをしている人は非常にありがたいですね。

おしゃれ染めデメリット

しかし、そんなおしゃれ染めにも気を付けておきたいデメリットがあります。

・色落ちしやすい
・髪が傷みやすい

以上を初めとするデメリットに注意しましょう。

問題なのは髪にヘアカラーが定着しにくく、やっと定着したと思ってもたった1ヶ月程度で色落ちしてしまうことが非常に多いことです。

これではいかに安価なヘアカラーを購入したところで頻繁に染める必要性がある為、お金もかかりますし、手間もかかるので煩わしく思ってしまうでしょう。

特におしゃれ染めに使用されるヘアカラーは白髪染めよりも脱色力に優れていることから髪にダメージを与えやすいという欠点もあります。

頻繁に使い続けるほど髪にダメージを与えることになる為、おしゃれ染めを行う時は十分に注意するべきですね。

結局、白髪染めとおしゃれ染めのどっちを使うのが良いの?

白髪染めとおしゃれ染めのメリットとデメリットをご説明したところで、結局どちらを使うのが良いのでしょうか?

明るい色に染めるか白髪を染めるだけなのか、目的に応じて分けることも考えられますが、出来る限り髪にダメージを与えない方が良いですよね。

おしゃれ染めよりも白髪染めの方が良い!

問題なのはおしゃれ染めと白髪染めのブリーチ力にあります。

髪を染める為には髪のキューティクルを開いて脱色させて染料を入れることにありますが、髪を明るく染めなければならない場合、中途半端なブリーチ力だとなかなか染まりません。

その為、おしゃれ染めは基本的に白髪染めよりもブリーチ力が高いのが特徴であり、それがデメリットにもなります。

ブリーチ力が高いということは脱色力が強く、髪に大きなダメージを与えることになるでしょう。

ただでさえキューティクルを無理矢理開かせ、さらにダメージを与える脱色量をもたらすのですから、そのダメージ量を考えたらゾッとしますよね。

対して白髪染めはおしゃれ染めよりもブリーチ力が低く、代わりに染毛力に長けています。

白髪染めはおしゃれ染めのように明るい色に染めなくても良いのでブリーチ力が低い為、その分髪に与えるダメージが低いです。

どちらにしてもキューティクルを無理矢理開かせるのでダメージを与えることに変わりありませんが、それでもダメージ量からして見れば白髪染めの方がお勧め出来ます。

よく若い人が髪を染めていますが、その代償に髪を傷めている人だと思って良いでしょう。

傷んだ髪は修復したり復元することも出来ないので、早くに髪の軋みやパサパサ、ごわつきなどに悩まされることが多くなります。

どうしてもおしゃれ染めを使いたいのであれば、白髪染めと合わせて使い分けるなどの対策が必要になりますね。

さいごに

白髪染めとおしゃれ染めには大した違いはありませんが、髪へのダメージ量を考えたら白髪染めを使用するのが一番です。

髪のダメージは蓄積されつづけるものですし、傷んだ髪は修復・復元することも出来ないので十分に気を付けなければなりません。

下手をすれば抜け毛がひどくなって薄毛になることもあるので、あまり頻繁に髪を染めるのは止めた方が良いでしょう。

どうしても使用するのであれば、自分の髪質や髪、頭皮の状態に合う白髪染めやおしゃれ染めを行うのが得策ですね。

-白髪染めの効果
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.