白髪染めの悩み

白髪染めでかぶれる!かゆい!原因は何なの?

投稿日:

 

白髪が目立ってくると白髪染めを使用する選択肢が出てきますが、白髪染めを使用するとかぶれたりかゆみが出たりするケースがあるようです。

せっかく白髪染めを行っているのに後になってかぶれたりかゆみが出るのは避けたいものですよね。

頭皮がかぶれたりかゆみが出るのは、もしかしたら白髪染めが頭皮に合っていないのかもしれません。

なぜ白髪染めを使うとかぶれたりかゆみが出たりするのでしょうか。

そこで、かぶれやかゆみが出る原因や対策などをご説明します。

白髪染めを使うとなぜかぶれやかゆみが出てくるの?

白髪染めを使うとかぶれやかゆみが発生してしまうのは、白髪染めに含まれている成分が主な原因として挙げられることが非常に多いです。

特に原因として挙げられるのは、

・アレルギー反応

・過酸化水素

以上の2つが原因です。

アレルギー反応を起こすのはジアミン系の化合物が原因?

白髪染めによって頭皮がかぶれたりかゆみが出てしまうのは、白髪染めに含まれているジアミン系の化合物が真っ先に原因として挙げられます。

ジアミン系の化合物はジアミン系色素とも呼ばれるもので、化学成分の一つです。

このジアミン系の化合物は白髪染めやヘアカラーに幅広く含まれているものであり、永久染毛剤として非常に役立ちます。

明るい色から暗い色まで自分の好きな髪の色に染めることが出来る上、一旦染まってしまえば色落ちすることもほとんどないので頻繁に染める必要性がありません。

一見するとジアミン系の化合物があれば経済的にも手間がかからないなどメリットしかないように思えますが、あくまで化学成分だということを忘れないようにしましょう。

ジアミン系の化合物が含まれている白髪染めを使用することでかゆみやかぶれ、湿疹、ピリピリ感、チクチクしたりしたら、それはほぼジアミン系の化合物によるアレルギー反応だと言えます。

特に気を付けてほしいのが、パラフェニレンジアミンという刺激的な化学染料です。

それ以外にもパラトルエンジアミンやパラアミノフェノールといった成分が含まれている白髪染めを使ってアレルギー反応が出てきたら、これらの化学成分が原因である可能性が非常に高いです。

しかも厄介なことに、パッチテストを受けていて問題がなかったとしても突然発症することがあります。

自分はパッチテストを行ったから大丈夫だと油断せず、使用する際には十分に注意する必要性があるでしょう。

ジアミン系の化合物が含まれている白髪染めを使い続けているけど、今のところ何も症状は現れていないという人でも突然発症する恐れがあります。

過酸化水素が含まれていないかチェックしよう1

あまり知られていませんが、消毒液や漂白剤に使われている過酸化水素が白髪染めにも含まれていることがあります。

この過酸化水素という酸化剤は白髪染めに含める場合だと6%まで配合することが認められており、それ以上含めると劇物扱いになってしまうものです。

たった6%でも頭皮に刺激を与えるのに十分であり、一時的な刺激性のかぶれを引き起こす恐れがあります。

一時的なものなのでしばらくすればかぶれは治りますが、そのような刺激のあるものを使い続けていれば当然頭皮の健康状態が悪化していきます。

健康状態が悪くなった頭皮はかぶれやすくなりますし、先に挙げたジアミン系の化合物のアレルギー反応までも引き起こしやすくなるので注意が必要です。

様々なトラブルを引き起こさないようにする為にも、白髪染めを使う前にジアミン系の化合物や過酸化水素が含まれていないか入念にチェックしましょう。

もしも頭皮がかぶれたりかゆみが出たらどうすればいい?

いつも使っている白髪染めで頭皮がかぶれたりかゆみが出てしまったらショックですよね。

このままだと白髪染めが出来ないという事態になったとしても、頭皮の健康には代えられないでしょう。

もしも白髪染めを使ってかぶれやかゆみが出てしまった場合、複数の対処法を実践することで対策することが出来ます。

その対策とは、

・直ちに白髪染めの使用を止める
・頭皮や髪に優しい白髪染めを使う
・アレルギー体質の改善を試みる

以上の3つが挙げられます。

これらの対策を実践することでっかぶれやかゆみなどの症状から解放されるでしょう。

白髪染めの使用を止めること!

一番重要なのは、かぶれやかゆみが発生したにもかかわらず白髪染めを使用し続けないことです。

現在使っていた白髪染めでかぶれやかゆみを引き起こしてしまっているのですから、そのまま使い続ければかぶれやかゆみがひどくなってしまいます。

また、初期段階のアレルギー症状が本格的なアレルギーとなってしまう恐れがある為、残量がもったいないからといって使い続けるのは絶対に止めましょう。

安いからといって白髪染めをまとめて買うこともあるでしょうが、どのような理由があっても使用し続けるのはNGです。

未使用品はリサイクルに出すなどして思い切って処分してしまいましょう。

頭皮や髪に優しい白髪染めに切り替えよう

かぶれやかゆみを引き起こす白髪染めの使用を止めたところで次に心配になるのは、このままでは白髪がより目立ってきてしまうことです。

白髪を隠す為に白髪染めを使っていたのですから、使用を止めてしまえば白髪混じりの髪のままで外を出歩くことになるでしょう。

それを防ぐ為には、頭皮や髪に優しい白髪染めに切り替えるのがベストな選択です。

かぶれやかゆみを引き起こすのは白髪染めに含まれているジアミン系の化合物を初めとする化学成分なので、その成分が含まれていない白髪染めを使用することでこれまで通り対処出来ます。

特に注意してほしいのは、染まりやすさが高く、色落ちしにくい白髪染めです。

手軽性を考えれば時間をかけずに染められるものや色が長持ちする白髪染めの方が重宝するかもしれませんが、そういった種類には頭皮や髪に刺激を与えるような成分が含まれている可能性があります。

くれぐれも白髪染めを購入する際には後ろに記載されている成分表をチェックしましょう。

お勧め出来るのはトリートメントタイプの白髪染めです。

少々色落ちしやすいので染める回数が多くなる可能性がありますが、使いやすさや安全性に優れているので安心して白髪染めが出来ます。

アレルギーに負けない体質を作ろう!

白髪染めによるかぶれやかゆみが発生してしまう原因は、元々自分がアレルギー体質であったことが挙げられます。

後からアレルギー症状が発生した場合はこの限りではありませんが、アレルギー体質だということであれば体質改善を行うことで解消出来る可能性があります。

アレルギーというのは一生治らないというものではなく、規則正しい生活習慣や食生活を続けることで症状を和らげることが出来るのです。

さいごに

白髪染めを続けていきたいのに、かぶれやかゆみが引き起こされてしまったら非常に困りますよね。

アレルギーが出たことでそのまま使い続けるわけにもいきませんし、だからといって使っていない分を処分するのも忍びないでしょう。

ですが、頭皮や髪に刺激を与え続けていては意味がないので、一度使っている白髪染めの成分を確認してみましょう。

もしも刺激がある成分が含まれていた場合は使用を控え、ジアミン系の化合物などが含まれていない白髪染めを購入して使っていきましょうね。

-白髪染めの悩み
-, , ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.