白髪染めの効果

白髪染めはどのくらいの期間で色落ちするの?

更新日:

 

白髪が目立ってきたら白髪染めを行うのが基本的な選択肢ではありますが、染めた後で問題になるのが色落ちする期間です。

白髪染めには様々な種類があり、それぞれ色落ちする期間が違ってきます。

場合によっては瞬く間に色落ちしてしまうこともありますし、全く色落ちしないこともあります。

すぐに色落ちしてしまったらすぐに染め直す必要性があるので髪や頭皮にダメージを蓄積させる恐れがありますし、もしかしたら色落ちを早める原因があるかもしれません。

一体どのくらいの期間で白髪染めが色落ちしてしまうのでしょうか。

そこで、白髪染めが色落ちしてしまう期間はどれくらいなのか、早く色落ちする原因は何かなどについてご説明します。

白髪染めはどのくらいの期間で色落ちするの?

白髪染めを使ってどれくらいの期間で色落ちしてしまうのか気になりますよね。

色落ちする期間が分かれば一瞬でも白髪を目立たせることなく染め直しが出来ますし、タイミングも分かるので便利です。

どのくらいの期間で色落ちするのでしょうか。

色落ちする期間は使う白髪染めや髪質など人によって違ってくる!

実は白髪染めが色落ちする期間は人によって全く違ってきます。

自分はあっという間に色落ちしてしまったのに、同じ要領で白髪染めをした他の人はいつまで経っても色落ちしないなど人によって大きな差があるのです。

個人の髪質、季節、白髪染めの種類など様々な要素によって大きく違ってくる為、まずは自分の髪質は白髪染めで染まりやすいかどうかをハッキリと知る必要性があります。

特に髪質や季節の問題は誰でも無視出来るものではありません。

髪が細い人は少し放置しておくだけで染料が浸透しやすいですが、髪が太い人は染料が浸透するのが遅く、通常よりも長く放置しなければならないでしょう。

また、夏は室温が高いことから染まりやすく、冬は室温が低いことから通常より長く放置していても染まりにくい特徴があります。

白髪染めの種類によって色落ちする期間が違う?

色落ちする期間というのは使用する白髪染めの種類によっても違ってきます。

自分が今どんなタイプの白髪染めを使っているかが分かれば、どのくらいのタイミングで色落ちするのかが分かるでしょう。

髪に負担をかけるかかけないかで大きく違う?

白髪染めの種類は大きく分けて、

・しっかり着色するが、髪や頭皮にダメージを与えるタイプ
・色落ちしやすいが、髪や頭皮に優しいタイプ

以上の2種類があります。

一つめのタイプはしっかりと白髪が染められるので色落ちしにくいという利点がありますが、使い続けると髪や頭皮にダメージを蓄積させるという欠点があります。

しっかりと着色出来るのは、配合されている成分によって髪のキューティクルを無理矢理開かせて染料で染め上げていくからです。

髪のキューティクルを無理矢理開かせるということこそ髪を傷める最大の原因であり、使い続けていれば毛髪トラブルに発展しかねないでしょう。

代わりに色落ちするまでの期間が長いので、1ヶ月に1回などの頻度で染めるようにすれば髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えられるかもしれません。

対して二つめのタイプは色落ちが早いのが難点ですが、髪のキューティクルを無理矢理開かせることなく髪を染めることが出来ます。

色落ちが早いのは一つめのタイプのようにキューティクルを開かせて着色させる成分ではなく、天然の成分によって髪の表面のみに着色しているからです。

ただし、色落ちが早いので頻繁に染める必要性があります。

頻繁に染めるということはそれだけ白髪染めを使うので金銭面に負担がかかるということになりますが、このタイプの最大の特徴は髪に負担を与えることがなく、使えば使うほど髪が染まっていくということです。

普段のシャンプーと同じ要領で使っていける為、毎日使えば色落ち知らずの白髪染めになり得るでしょう。

なぜ早く色落ちしてしまうの?原因は何?

上記に挙げた二つめのタイプにはハッキリとした原因がありますが、一般的な白髪染めを使用している人はなぜ早く色落ちしてしまうのか気になりますよね。

本来は色が長持ちする白髪染めであっても、間違った行為を行うことで色落ちを早めてしまう恐れがあります。

色落ちを早める行為について

本来長持ちする白髪染めを使っているのに早く色落ちする原因として挙げられるのが、

・染まり切れていない
・紫外線

以上の2つです。

最初の一つめの原因は、白髪が上手く染まっていないことです。

元々白髪は黒髪に比べて色素が定着しにくい特徴があるので、場合によってはすぐに色落ちしてしまいます。

ただし、白髪であっても正しく染めていればあっという間に色落ちするというものではありません。

きちんと白髪を染めるには染料が髪に浸透するまでの時間が重要です。

いかに染まりやすい白髪染めでも浸透する時間を守っていなければすぐに色落ちしてしまう為、白髪染めを使ってもすぐに色落ちするという人は浸透するのに必要な放置時間を守るようにしましょう。

白髪染めの容器には浸透時間が書かれているので、基本的にその時間を守るだけでOKです。

二つめの原因として、紫外線は肌だけでなく髪の天敵であるということも覚えておきましょう。

紫外線は肌の天敵であるということは周知の事実ですが、髪は肌より先に紫外線が当たる場所であり、その影響を色濃く受けるものです。

紫外線には強力な色落ち効果がある為、いくら白髪染めを正しく行っていても紫外線に当たり続けるだけで早々に色落ちしてしまうことになるでしょう。

しかも化学成分が含まれている白髪染めを使っていた場合、天然の成分よりも化学成分の方が強い影響を受けてしまうのでますます色落ちしやすくなります。

白髪染めを行った後に外出するなら、髪の紫外線対策を怠らないようにする必要性がありますね。

色を長持ちさせる為の方法とは?

色落ちが早まってしまう原因はありますが、色を長持ちさせる方法もあります。

普段から色落ちに悩んでいるという人は、是非とも色を長持ちさせる方法を覚えておきましょう。

色を長持ちさせるコツ

色を長持ちさせるコツとして、

・暗い色の白髪染めを使う
・きちんと浸透時間を守る
・低刺激のシャンプーを使う

以上の3つです。

まず、明るい色の白髪染めは暗めの色より色素が抜けやすい為、明るい色の白髪染めを使っている人は暗めの色の白髪染めに変えてみましょう。

そして色落ちしやすいほとんどの原因は浸透時間を守っていないことなので、容器に書かれている時間を守るだけで相当色落ちしにくくなります。

場合によっては通常よりも浸透する時間が長くなる為、逸る気持ちを抑えて浸透させる時間を確保することが大切です。

さらに、刺激が強いシャンプーは洗浄力が強いので色落ちしやすい為、低刺激のシャンプーを使用しましょう。

さいごに

白髪染めを行ってもすぐに色落ちしてしまうと、染め直しすることで髪や頭皮へのダメージが気になってしまいますよね。

いちいち染め直すのも面倒ですし、金銭的な問題もあるので色落ちのしやすさは一つの問題になるでしょう。

色落ちする原因や色が長持ちするコツが分かれば、効率良く白髪染めを行っていけるのでコツを学んでいくのが得策ですね。

-白髪染めの効果
-,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.