白髪染めの使い方

女性の白髪染めっていつから始めたらいいの?

投稿日:

 

「白髪ができたけど、いつぐらいから白髪染めを使用しているの?」

なんて疑問ありませんか?

白髪が目立ってきたら白髪染めを行えばいいと考えることもあるかもしれませんが、実際に女性が白髪染めを始めるならいつ頃からがベストなのか気になりますよね。

中には若白髪が生えてきていることから早めに白髪染めを始める人もいますし、年齢を重ねているのに白髪が生えていない人もいるので、そのタイミングは人によって大きく違うでしょう。

白髪染めには様々な種類があるのでどれを使えばいいのか迷うこともあったり、そもそも白髪染めを使わずに白髪をどうにかする方法はないのかと思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、女性が白髪染めを始めるにあたり、様々な情報についてご説明します。

是非とも参考にして白髪染めを始めるタイミングを見つけていきましょう。

女性は白髪染めをいつから行うべき?

白髪が生える年齢は人によってそれぞれですが、1本でも見つかると目立って見えるのではないかと思いますよね。

ですが、たった一本を染める為に他の髪に負担をかけるのは何だか気が引けるものです。

はたして、女性はいつから白髪染めを行えばいいのでしょうか。

女性は平均して30代後半から白髪が生え始める

女性は平均して白髪が生えてくるのが30代後半から生え始めていきます。

というのも、30台に差し掛かってくると徐々に従来の体力が衰え始め、ストレスや生活習慣、食生活、遺伝などの影響が現れ始めるからです。

家庭や職場でのプレッシャーや責任など様々な影響を一気に受け始めることが多い時期でもあるので、白髪が目立ちやすい年代ということになります。

白髪が数本程度なら白髪染めをしなくてもいい

白髪が目立ってきたから白髪染めを行うと考えるのは早計です。

たった数本程度で白髪染めを行うと周囲の髪を傷ませる恐れがありますし、基本的に明るいカラーリングを行うだけで十分です。

あまりにも白髪が目立ってきたなら話は別ですが、本数が増えてきてもカラーリングのやり方を工夫するだけでスタイリッシュな髪色に染めることが出来ます。

美容院で白髪染めを行う際にもカラーリングをおすすめされることでしょう。

白髪染めを使用しないで白髪をなくすにはどうすればいい?

白髪染めの中には髪を傷めてしまうものもあるので、出来れば白髪染めを使用せずに白髪をなくしたいと思いますよね。

一度でも白髪染めを初めてしまうと定期的な使用が必要になるので、白髪染めに頼らない方法があると便利です。

白髪自体を生えてこないようにするには様々な方法がありますが、既に生えてきた白髪をなくす為の方法もあります。

基本はカラーリングや根元からカットするだけで十分!抜くのはNG!?

基本的に既に生えてきた白髪をなくすには、白髪を根元からカットしたり、カラーリングを行うのがおすすめです。

上記に挙げた通り、カラーリングであれば白髪染めと違って髪を傷めることなく染められるので、数本程度の白髪ならこれで対応出来ます。

また、白髪が目立ってきたら根元からカットするのもおすすめです。

根元からカットするだけなら毛根を傷めることもありませんし、少し伸びてきた時に目立つ可能性があることだけに注意すればいいので問題ありません。

もう一つ白髪を抜くという方法がありますが、これはNGな行動の一つです。

白髪を抜いたからといって新たに白髪が増えるというわけではありませんが、代わりに健康な毛根を抜いてしまうことで様々な毛髪トラブルや頭皮トラブルに繋がる恐れがあります。

白髪を抜いたからトラブルが起こるのではなく、髪自体を抜くのがNGな行為であり、毛穴周辺の細胞が損傷してしまうのです。

細胞が損傷してしまうと毛穴の炎症や髪質の悪化、最悪の場合だと髪が生えてこなくなる恐れもあるほどです。

したがって髪を抜くのではなく、カラーリングや根元のカットだけを行いましょう。

白髪染めを行うメリットとは?

中には白髪が目立ってきているのにそのままにしている人もいるなど、白髪染めを行う必要性を感じない人もいます。

では、なぜ白髪染めを行っている人がいるのか、それは様々なメリットがあるからでしょう。

白髪染めのメリット

白髪染めを行うメリットとして挙げられるのが、何といっても見た目が若くなることで自分に自信が持てるということです。

白髪が生えてくると「自分も歳をとったな」と思うケースがほとんどです。

それ以上に白髪が生えている人は実年齢よりも老けて見えることが多く、それだけで自分に自信を持つことが出来なくなる人もいます。

しかし、白髪染めを行うことで白髪が染められるので、健康で元気な若々しい髪色に戻すことが出来ます。

若々しい髪色を手に入れた気持ちは自信の原動力となり得ますし、実年齢以上に若く見えることもあるほどです。

白髪染めのデメリット

白髪染めには自分の若さを取り戻すことが出来るというメリットがありますが、デメリットもあります。

それは、白髪染めを行う為に時間を割かなければならないこと、そして白髪染めを行うたびに髪を傷める恐れがあるということです。

まず、自分で白髪染めを行う場合だと床に染料がつかないように新聞紙などを敷いたり、染料が服につかないようにしたりと様々な準備が必要になります。

白髪染めを行っている時に自分では上手く染められないこともあったりとてこずることもあり得るので、まとまった時間を必要とするでしょう。

美容院で白髪染めを行ってもらう場合でも予約しなければならないケースが多く、普段から忙しい人にとって手軽に何度も通えるようなものではありません。

また、白髪染めの種類の中には使うほど髪を傷めてしまうものもあります。

種類に気を付けなければ、白髪を染めるどころか毛髪トラブルを引き起こす原因にもなるので十分に注意しなければならないでしょう。

美容院で白髪染めを行う場合だと料金はいくらくらいかかる?

美容院で白髪染めを行う場合、自宅で白髪染めを行うのと違って料金がかかることを忘れないようにしましょう。

自宅なら手頃な値段の白髪染めを使うことが出来ますが、美容院で白髪染めを行う場合、基本的に1回で染まり切ることはないので何度も通うことになる可能性があります。

自宅で白髪染めを行う場合だと基本的に1000円以下で済むことが多く、1ヶ月単位でも数千円で済むケースがほとんどです。

しかし、美容院で白髪染めを行う場合だと大体6000円から1万円ほどかかるのが基本です。

基本的に美容院には相場と言えるものがなく、美容院の土地や技術など様々な要因によって左右されます。

何回も通うことを想定すると高額な料金を必要とするかもしれませんが、美容院での白髪染めは自宅で染めるよりも仕上がりが良く、髪へのダメージを考慮しながら綺麗に染めることが可能です。

髪にダメージを与える可能性があるけど安く済ませる為に自宅で白髪染めを行うか、高くても安心して綺麗に染めてくれる美容院で染めてもらうか、どちらかを選ぶ必要性があるでしょう。

白髪染めの種類にはどんなメリットがある?

白髪染めといっても様々な種類がある上、それぞれメリットも違ってきます。

手軽さに秀でたものや染まりやすさに特化しているものなど様々な種類があるので、自分が白髪染めに何を求めているのかを考えてみましょう。

白髪染めヘアカラーのメリットとデメリット

白髪染めヘアカラーのメリットには、

・値段が安いので手軽に購入出来る
・すぐに白髪が染まる

以上の2つが挙げられます。

ヘアカラーは特に他の白髪染めよりも値段が数百円程度と安いものが多い為、手軽に購入出来て誰でもすぐに白髪染めが出来るようになります。

しかも白髪があっという間に染まるほどの即効性がある為、今すぐに白髪を隠したいという人のピッタリだと言えるでしょう。

しかし、

・即効性がある分、髪をかなり傷めてしまう
・準備するのが面倒
・何回も白髪染めを行わなければならない

以上のデメリットが挙げられます。

特に髪へのダメージは深刻なものです。

ヘアカラーは髪のキューティクルを無理矢理開かせて染料を入れる仕組みになっている為、キューティクルが剥がれやすいのです。

また、染めた髪色を維持する為にはヘアカラーを何度も行わなければならないので、ますますキューティクルを剥がして髪を傷めてしまうことになります。

傷んだ髪は細くなったり抜けやすくなったりと様々な問題を引き起こしやすくなりますし、染料が頭皮に付着してしまうと頭皮のトラブルまでも起こす恐れがあります。

髪へのダメージと引き換えに白髪を染めていると考えましょう。

白髪染めシャンプーのメリットとデメリット

白髪染めシャンプーには、

・普段のシャンプーと同じ要領で使える
・少しずつ染まる

以上のメリットが挙げられます。

白髪染め用のシャンプーということで、普段から使っているシャンプーと同じ要領で使用することが可能です。

毎日使っても髪を傷めるようなこともありませんし、手軽に使えるので白髪染めを行っているという感覚すらなくなるでしょう。

しかも少しずつ白髪が染まっていくので周りに白髪を染めたことがバレにくいのも大きなメリットです。

ヘアカラーのように白髪がいきなり黒髪に染まったのでは一目でバレやすいですが、少しずつ染まっていけば白髪染めをしたとバレにくいので、白髪染めしたとバレたくない人におすすめ出来ます。

ですが、効果が現れるまで時間がかかるのが唯一のデメリットだと言えるでしょう。

白髪染めシャンプーは少しずつ染まっていくのがメリットではあるものの、効果が現れるまで早くて1ヶ月、遅くて2ヶ月から3ヶ月程度かかるなど長期的に使用する前提となっています。

したがって早く白髪を染めたいという人には向きません。

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

白髪染めトリートメントには、

・髪や頭皮などにダメージを与えない
・使い続けることで根元の白髪ですら目立たなくさせられる

以上のメリットが挙げられます。

多くは白髪染めシャンプーとほぼ同じようなメリットですが、髪を傷めることなく髪を染めることが出来るのが最大のメリットでしょう。

トリートメントなのでシャンプーと同様にお風呂場で使うだけで済み、肌に染料がついてもすぐに洗い流せます。

もちろん美容院に行くよりも安く、しかも新しく白髪が生えてきても使い続けることですぐに染められる為、いつまでも綺麗な髪色を維持することも可能です。

ただし、

・トリートメントを使った後は時間をおかなければならない
・使い続けなければ効果が現れない

以上のデメリットがあることに注意しましょう。

トリートメントを行った後は最低でも10分以上置いておかなければ染料が髪に浸透しきれなくなります。

また、使ったその日から染まることはないので、連続で使っていかないと上手く染まっていきません。

お風呂場で使う場合は半身浴をするなどして時間が経つのを待つといいでしょう。

初めて白髪染めを行う女性におすすめなのは?

髪は女性の命と言えるように、できれば髪を傷めるような白髪染めは使用したくないですよね。

そんな女性におすすめ出来るのがヘアカラートリートメントです。

白髪染めヘアカラーのように即効性はありませんが、髪の内部ではなく外側しか染めないので髪を傷める心配がありません。

白髪が生え始めてきた頃は気にしないかもしれませんが、年齢を重ねていくにつれてどうしても白髪は増えてきてしまいます。

数年後、数十年後のことを考えると髪が傷むような白髪染めを使うのはNGだと言えます。

髪を大事にしていきたいなら、例え最初はなかなか染まらなくても自分好みの染め方が出来るヘアカラートリートメントがおすすめです。

初めての人でも手軽に白髪が染められる、ルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介!

ここで白髪染めの初心者でも簡単に白髪が染められる白髪染め、ルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介します。

是非とも活用して綺麗な髪色に染め上げていきましょう。

おすすめのポイント

まず、おすすめなのは白髪染めトリートメントなので毎日使い続けられること、そして髪を傷めることなく白髪染めが出来るということです。

また、髪を傷める心配がないことから根元の白髪が気になる場合でも使い続けることですぐに染めることも出来ます。

簡単な方法で誰でも手軽に白髪染めが出来ますし、置く時間とすすぎをしっかりと行うことで綺麗な髪色に染めることが可能です。

4種類の髪色から選ぶことが可能で、髪に優しい成分しか含まれていないので安心して使い続けられる白髪染めトリートメントです。

ルプルプ ヘアカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントを詳しく見てみる

これ以上白髪を増やさないようにするにはどうすればいい?

これ以上白髪を増やさない為には、ストレス解消、食生活及び生活習慣の改善など様々な方法があります。

特に白髪が生える平均年齢の30代ともなればストレスを感じることが多くなりがちなので、上手にストレスを解消していかないといつの間にか白髪が目立っていることになりかねません。

また、喫煙はNGです。

煙草に含まれる成分が血管を細くしてしまい、頭皮に行き渡る栄養が少なくなってしまいます。

また、タンパク質や亜鉛、ビタミンAなどの栄養が含まれたものを中心に食事内容を改善してみましょう。

脂っこいものや肉類中心の食生活が続くと頭皮に良くない影響を与えてしまうので、最低限バランスが取れた食事内容に変えていくのが理想的です。

寝不足も白髪になる大きな原因である為、規則正しい生活を心がけることも重要です。

さいごに

今回は、白髪染めをいつから始めたらいいかについて解説してきました。

中には若白髪が生えてくる人もいますが、女性は基本的に30代後半から白髪が生えてくるので、白髪が確認出来たらカラーリングを行うと良いでしょう。

焦って白髪染めを行っても周囲の髪を傷めてしまうだけですし、数年後や数十年後のことを考えるとおすすめ出来る行動ではありません。

白髪が生えても焦らず、これ以上カラーリングなどで対応出来ないと思ったら白髪染めを使った方が良いかもしれませんね。
是非、ご参考ください。

-白髪染めの使い方
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.