白髪染めの悩み

白髪が上手に染まらない原因って何?どうしたら染まるの?

投稿日:

あなたは白髪を染めたいのに、なかなか綺麗に染まらないという事態になったことはありませんか?

目立つ白髪は一刻も早く何とかしたいからこそ白髪染めをしているのに、なかなか染まらなかったりまだらに染まったりすると本当に困りますよね。

ただでさえ染まり上がりが気に入らないにもかかわらず、何回も白髪染めをしていると髪へのダメージが大きくなってしまうというジレンマも抱えることになりかねません。

ちゃんと染まらない原因は何なのでしょうか。

そこで、白髪染めを行っても上手に染まらない原因は何なのかをご説明します。

白髪が上手に染まらない原因とは?

ただでさえ髪を傷めてしまう恐れがあるというのに、白髪がなかなか染まってくれない状況というのは非常にもどかしい気分にさせられるでしょう。

白髪が上手に染まらないのには様々な原因があるので、その原因を突き止めることで対策することが出来ます。

白髪が上手に染められない原因として、

・使用している白髪染めの染毛力の強さ
・白髪染めの相性
・髪の太さ
・間違った染め方
・髪が傷んでいる
・明るい色で染めようとしている

以上が主な原因として挙げられます。

白髪染めの染毛力によって白髪が染まらなかった

一般的に白髪染めは染毛力が強いのでどんな種類でも上手に染められると思われがちですが、様々な種類があるのでどれも上手に染められるとは限りません。

白髪染めにはヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアシャンプー、ヘアトリートメントなど様々な種類があります。

白髪染めヘアカラーの場合、永久染毛剤という種類に分類されるタイプなので非常に髪が染まりやすく、色も長持ちしやすいのが大きなメリットです。

明るい色にもあっという間に染められますし、根元の白髪も染められるので便利ではありますが、他の白髪染めと比べて髪や頭皮に与えるダメージが段違いです。

その為、髪へのダメージを心配しながら使用する場合だと白髪が目立ってきても数ヶ月に1度の頻度でしか染めることが出来ず、思うがままに染められないのがデメリットだと言えます。

白髪染めヘアマニキュアの場合、他の白髪染めよりも艶を出すことに特化しており、髪に天使の輪と言われるほどの艶を出すことが出来ます。

髪をコーティングして色を出す仕組みになっているので、比較的髪を傷めにくいこともメリットです。

しかし、白髪染めヘアマニキュアは基本的に暗い色でしか染めることが出来ず、明るい色に染めようとしても染まりません。

明るい色に染めたいのであれば別の白髪染めを使用した方が良いでしょう。

白髪染めトリートメントの場合、一般的な白髪染めと違って非常に髪に優しい成分しか含まれておらず、髪に負担を与えることなく染めることが出来るのが最大のメリットです。

ですが、白髪染めトリートメントを使ったとしてもすぐに白髪染めが染まるわけではなく、ほぼ毎日使っていかないとなかなか染まりません。

それどころか、トリートメントによって含まれている成分も大きく違うので成分を吟味しないと自分の思った通りに髪が染まらないこともあります。

上手に白髪が染められないと思った時は、白髪染めの種類を変えてみると良いでしょう。

白髪染めをしょっちゅう変更していると相性の問題が発生しやすい?

白髪が上手に染まらないと感じた時、貴方はこれまでに白髪染めの種類を変更していませんか?

実は今まで使っていた白髪染めと現在使っている白髪染めの相性が悪いと、いかに染めようとしても上手に染まることはないのです。

特に相性が悪いのは、

・ヘアカラーからトリートメントやヘアマニキュアに変更してトーンアップする場合
・ヘアマニキュアからヘアカラーやトリートメントに変更してトーンアップ・ダウンする場合

主に挙げられるのが以上の2種類です。

ヘアカラーからトリートメントやヘアマニキュアに変更する場合、明るい色から暗い色に変更することは簡単です。

しかし、暗い色はブリーチしてしっかり脱色させないと、明るい色を定着させることが出来ません。

暗い色でヘアカラーしていた時にトリートメントやヘアマニキュアでトーンアップしようとした場合、元々暗い色に明るい色で塗り変えようとしても明るい色が打ち消されるばかりか、暗い色の方が目立ってしまいます。

それでもトーンアップさせたいのであれば、まずブリーチしてヘアカラーを落としてからトリートメントやヘアマニキュアを行う必要性があります。

ヘアマニキュアからヘアカラーやトリートメントに変更する場合、ヘアマニキュアの特性が他の白髪染めの最大の障害となっています。

髪をコーティングするという特性上、ヘアカラーやトリートメントの染料が髪の内部まで効率良く入っていかないので上手に染められません。

このままではコーティングが邪魔してしまうので、種類を変更するならヘアマニキュアが剥がれてから使用するのが無難です。

白髪は基本的に太いので染まりにくい

白髪が上手に染まるかどうかは髪の太さも大きく関係しています。

通常の髪の毛よりも白髪の方が太く、そのせいで染料がなかなか定着しにくいのが大きな障害となっているのです。

特に年齢が若い人ほど白髪が太い傾向にあるので、染め方に注意しないと上手に染めることが出来ません。

太い白髪を上手に染める為には色味が濃いものを選び、髪を少し乾かしてから適量の染料を塗り込んでいきます。

その後、蒸しタオルやドライヤーの熱風などで暖め、乾燥しないように湿度を保ち、少しでも放置する時間を長くすることでより白髪が染まりやすくなります。

上手に白髪を染める為にはコツが必要なので、なかなか染まらないという人は是非ともコツを学びましょう。

白髪染めに書かれている方法じゃないと上手に染まらない!

白髪が上手に染まらないと嘆いている人の多くは、白髪染めの商品に記載されているマニュアルを無視していることがあります。

染色時間や放置時間、白髪染めをする前にシャンプーを行う必要性があるのか、その他の注意点など白髪染めの種類によってマニュアルが大きく違います。

マニュアル以上により良く染まる方法もありますが、最低でもマニュアルが守られていない白髪染めの使い方では白髪が上手に染まることはありません。

上手に染まらないと思った時、自分が使っている白髪染めのマニュアル通りに使えているかどうかを確認してみましょう。

髪が傷んでいる人ほど染まりやすい?

白髪染めが上手に染められないのは、髪の傷み具合にも左右されます。

極端な話ではありますが、髪が傷んでいる人ほど傷によって髪に隙間が出来ているので、染料がより浸透しやすくなります。

反対に髪にハリやコシがあり、髪が傷んでいない人ほど染料が浸透しにくいということになります。

その為、白髪染めヘアカラーは非常に髪が染まりやすく、使い続けるほど髪が傷みやすくなるというメリットとデメリットを兼ね備えているので便利だと言えるでしょう。

しかし、誰もが好き好んで髪を傷める人はいませんし、髪が傷んでいる人ほど毛髪トラブルに悩まされやすくなります。

したがってわざわざ自分から髪を傷めるような行為はNGです。

あくまで染料が染まりやすい一つの理由として覚えておきましょう。

色によって染まりやすさが違う?

基本的に白髪染めヘアカラーであれば暗い色でも明るい色でも表現することが出来ますが、それ以外の白髪染めは明るい色にするのが難しいです。

髪の内部にある白い色素をそのままにして表面だけを明るくする仕組みになっているので、それこそ何回も白髪染めを行って明るくしなければなりません。

ただし、暗い色ほど染まりやすいので暗い色でもいいというのであれば暗い色で白髪染めを行うといいでしょう。

なぜ髪がまだらになってしまうの?

基本的に白髪というものは一本まるまる白くなっていくものですが、中には白髪と黒髪、または茶色い髪が一緒になって生えている髪があります。

髪の色がまだらになってしまうのは何か異常があるのかと思われるかもしれませんが、髪がまだらになるのは確かな原因があるので、重大な異常を起こしているわけではありません。

髪がまだらになっているのは髪の健康が害されている証拠

元々白髪が生えてくるのは年齢を重ねたことによるもの以外に、ストレスや生活習慣の乱れなど様々な原因があります。

髪がまだらになってしまうのは、ストレスなどによって一時的に白髪が生えてきた後、ストレスなどの原因が解消されて再び黒い色が戻ってきたことによるものです。

そして再びストレスなどの原因によって白髪が生えてくるのを繰り返すことで髪がまだらになってしまうのです。

こうしたまだらな髪は髪にとっての健康が害されている証拠なので、その原因を突き止めて改善していく必要性があるでしょう。

髪を傷めず、誰でも簡単に白髪染めが出来るルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介!

ここで上手に白髪が染められないという人でも簡単に染められるルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介していきます。

このヘアカラートリートメントは髪を傷めることなく白髪を染めることが可能であり、手間をかけることなく簡単な方法で染められます。

なぜ、染まりやすいのかをご説明しましょう。

なぜ上手に染められるの?

このヘアカラートリートメントの特徴は、染め上がり、しっとり感、髪への優しさを何よりも重要視しています。

このことから髪への負担を気にすることなく毎日でも使い続けることが出来ますし、手軽に使えるので誰でも上手に染められるのです。

上手に染める為の手順は?

まず、最初に髪全体にたっぷりと馴染ませていきます。

特に気になる白髪がある部分は念入りに馴染ませていきましょう。

たっぷりと馴染ませたら、次に10分ほど時間を置きます。

しっかりと白髪を染めたいのであれば20分から30分ほど時間を置きましょう。

時間を置いたら、ぬるま湯でゆっくりとすすいでいきます。

この時、根元から毛先にかけてゆっくりとすすぐことを心がけてください。

中途半端なすすぎでは失敗する可能性があるので、頭皮や髪のぬるつきがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。

このように馴染ませ、置き、すすぎを行うだけで誰でも簡単に白髪を上手に染めることが出来るのです。

また、最初からすぐに染まるわけではないので、最初は1日1回3日間連続でトリートメントを行いましょう。

3日間連続で使用した後は1週間に1回か2回トリートメントを行うだけでいいので、頻繁に白髪染めの時間を取られないのも大きなメリットです。

ルプルプ ヘアカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントを詳しく見てみる

さいごに

白髪が上手に染められないのは、様々な理由があります。

白髪染めのマニュアルを無視していたり、使う白髪染めの相性が悪かったりと様々な理由があるので上手に染められないと悩んでいる人は一度使い方を改めると良いでしょう。

一刻も隠したい白髪は健康を害している状態で生えてきている可能性もあるので、白髪染めの使い方を見直すと同時に生活習慣なども見直すべきかもしれませんね。

-白髪染めの悩み
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.