白髪染めの効果

白髪も黒髪も茶色に染まる白髪染めってあるの?

投稿日:

 

白髪が生えてきた場合、白髪染めを使う選択肢が生まれますが、どうせ染めるなら好きな色に染めたいと思ったことがありませんか?

おしゃれを楽しむかのように好きな色に染めることが出来れば、白髪染めもおしゃれの一つとして楽しむことが可能です。

しかし、問題なのは元々黒髪であった場合、白髪染めを行う時に白髪と一緒に茶色に染められるかどうかです。

白髪染めが元々黒髪の部分を難なく染めることが出来るかどうかも疑問に思うところですし、きちんと白髪を染めることが出来るのでしょうか。

そこで、茶色の白髪染めで白髪と黒髪を染めることが出来るのかどうかをご説明します。

白髪も黒髪も茶色にすることは可能?

どうせ白髪染めをするなら茶色に染めたいと思った時、疑問に思うのはちゃんと黒髪と白髪が染まってくれるかどうかです。

白髪がちゃんと茶色に染まっても黒髪がそのままの状態だったら意味がありませんし、それまでの時間も無駄になります。

はたしてきちんと染めることが出来るのでしょうか。

白髪も黒髪も茶色に染められる!

結論から言えば、白髪も黒髪もちゃんと茶色に染めることは出来ます。

元々白髪染めは基本的に白髪だけでなく一緒に黒髪も染めているので、茶色の白髪染めを使うことでどちらも茶色に染めることが可能です。

もちろん美容院に通う方が綺麗に染められるものの、自宅で自由に茶色に染められるのでそちらの方が便利ですが、問題もあります。

その問題とは、コツを掴まなければ上手く茶色に染まらないということです。

白髪と黒髪を一緒に茶色にする時の問題

基本的に髪を茶色く染める為には明るい茶色に染められる白髪染めを使うのが効果的ですが、気を付けなければならないことがあります。

それは、白髪染めをする場合とおしゃれ染めをする場合の違いです。

白髪染めは基本的に染毛力が強いので難なく茶色に染めることが出来ますが、おしゃれ染めの場合だと染毛力より脱色力、つまりブリーチ力が強いので上手く茶色に染まらない結果になってしまうでしょう。

おしゃれ染めでも黒髪を難なく染めることは出来ますが、白髪の部分は茶色が定着しにくいか、全く定着しないということになりかねません。

したがって茶色に染めたいならおしゃれ染めではなく、白髪染めを行うようにしましょう。

白髪染めの場合でも注意点がある?

おしゃれ染めではなく白髪染めの方が効率的ですが、白髪染めを行う場合でも注意点があります。

まず、染毛力が強い白髪染めを使っても一度で全て茶色に染まるわけではないということが挙げられます。

起こりがちなのが、初めて茶色の白髪染めを行った時に髪が真っ黒に染まってしまったことです。

それもそのはず、元々黒髪の人が茶色く染める為には1回だけでは完全に染めることが出来ないのです。

髪の脱色と染毛を両立しているので1回で染まることがない為、何回も繰り返さなければなりません。

回数を重ねて行くにつれて徐々に明るく染まっていくので、最初は真っ黒に染まったとしても諦めないでくださいね。

茶色の白髪染めを行う頻度はどれくらいがベスト?

何回も染めなければ黒髪はもちろん白髪が茶色に染まらない為、一体どのくらいの頻度で染めていけばいいのか気になりますよね。

あまり頻度が少なすぎても染まらなさそうですし、多すぎても髪へのダメージが気になるところです。

髪を染める頻度は2週間に1回でも多いくらい!

白髪染めを行うほど髪が茶色に染まっていくので思わず短期間で白髪染めを行う回数を増やしたいと思うかもしれませんが、それはNGです。

何故なら、白髪染めは基本的に髪にダメージを蓄積させてしまうものなので、短期間で白髪染めを何回も行ってしまうとその分負担が大きくなってしまうからです。

理想としては最低でも1週間に1回、もしくは2週間に1回が望ましいでしょう。

ただ、2週間に1回でも多いくらいなので、出来ることなら1ヶ月か2ヶ月に1回の頻度で白髪染めを行うのが得策です。

美容院で白髪染めを行う場合も同様の回数が理想的であり、髪を染める時の回数について相談しても同じことを言われるかもしれません。

さらに染めた後の髪の色が気にならなくても、後から髪の色をすぐに変えるのはプロでも不可能なことなので、たとえ気に入らない場合でも新しく髪が生えるまで待つ必要性があります。

なぜ白髪染めをするのに期間を空けなければならないの?

白髪染めを行う期間を最低でも数週間も期間を空けなければならないのは、頻繁に白髪染めを行うことによって健康被害や副作用、アレルギーなど様々な異常を出来る限り起こさないようにする為です。

髪や頭皮に何らかの異常が出てしまっては茶色く染めるどころの話ではなくなりますし、特にアレルギー反応が出てしまったら直ちに使用を止めないと顔が腫れたりと様々な異常が出て病院に駆け込むことになりかねません。

早く染めたいからといって頻繁に染めるのではなく、最初は不自然に思えても長い期間をかけて染めていくのが理想的だと言えるでしょう。

一旦茶色に染めたとしても、白髪は生えてくる

仮に何回も白髪染めをして茶色に染めることが出来たとしても、白髪が生えてくるのを止めることは出来ません。

茶色の染めたそばから白髪が生えてくると目立つ白髪が見え隠れしてしまいますし、そのたびに白髪染めを行っていたら相当なダメージを負うことになるでしょう。

傷んだ髪は徐々に細くなり、頭皮環境が悪くなれば毛根の力が弱まって髪が生えてこなくなる恐れもあるので、白髪が目立ってきても頻繁に白髪染めを行うのは止めるべきです。

どんな色に染めるのかによって負うダメージも変わるのではないかと思われるかもしれませんが、どんな色でも負うダメージは変わりません。

黒く染めようが茶色く染めようが回数を多くしても負うダメージがほぼ同等なので、どちらにしても回数を減らすべきです。

どうしても回数を多くしたいのであれば、ヘアカラートリートメントを使用しよう

白髪が目立つのが嫌なのでどうしても白髪を染めたいという人もいるでしょう。

しかし、白髪染めは頻繁に染めるほど髪に刺激を与えて良くない影響を与えてしまいます。

そんな時に役立つのが、ヘアカラートリートメントの存在です。

ヘアカラートリートメントは髪の表面のみを染めるので髪に与えるダメージが最小限に抑えられます。

次に白髪染めを行う時までの繋ぎとして使うのも良いですし、何より普段のシャンプーと同じ要領で使えるので面倒な準備なども必要ありません。

これなら頻繁に白髪染めをしたいという人でも安心して使っていけるでしょう。

茶色の染められるおすすめの白髪染め、ルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介!

ここで手軽に髪を茶色に染められる白髪染め、ルプルプ ヘアカラートリートメントをご紹介します。

4種類の中から好きなカラーを選ぶことが可能であり、赤みのある少し明るめの茶色に染めることが可能です。

そこで様々なおすすめポイントを紹介していきましょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメントのおすすめポイント

ルプルプ ヘアカラートリートメントのおすすめポイントとして挙げられるのが、誰でも簡単に染められるということです。

気になる白髪の部分を重点的にたっぷりと馴染ませ、しっかり染めたい時は20分から30分ほど置き、ぬるま湯でしっかりとすすぐだけでOKです。

ヘアカラートリートメントなので何回も染めても髪に与える刺激が非常に少ないので安心ですし、初めて使う場合でも最初に3日連続で染めるだけ。

後は1週間に1回か2回使うだけでいいので、ますます髪を労わりながら茶色く染めることが出来るのです。

しかも、たとえ手やお風呂場に染料が落ちてしまった場合でも簡単に洗い流せるので、後処理のやりやすさにも優れています。

髪に優しい成分や染料を長持ちさせる工夫がされていて長期保存が出来る仕組みになっていることから、長期間にわたって使い続けられる優れものなのです。

ルプルプ ヘアカラートリートメントを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントを詳しく見てみる

さいごに

白髪と黒髪を同時に茶色く染めるのは簡単なことではありませんが、回数を重ねれば不可能なことではありません。

きちんと正しい期間を空けて染めることで、髪に与えるダメージを抑えつつきれいな茶色の髪に染められるでしょう。

何回も染めなければならない以上は期間を空けている間に白髪が目立つこともあるかもしれませんが、それでも我慢しなければなりません。

短期間で何回も白髪染めを行ってしまっては瞬く間に髪に負担や刺激や負担を与えてしまうので、くれぐれも髪に負担をかけないようにしてくださいね。

-白髪染めの効果
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.