白髪染めの知識

白髪染めと黒染めの違いって何?

投稿日:

 

白髪が目立ってきたら基本的に白髪染めを行うものですが、黒く染める黒染めを行う選択肢もあります。

白髪染めでも黒染めでも白髪を染める方法であることに変わりはないのでどちらを使っても問題はなさそうに感じますが、違いがあるとすればどんな違いがあるのでしょうか?

白髪が目立つなら早く染めたいとも思いますし、髪へのダメージも気になるところなので上手く両立してくれるものがあれば使ってみたいですよね。

そこで、白髪染めと黒染めの違いは何か、茶色い髪を白髪染めで黒く染められるのかなどをご説明します。

白髪染めと黒染めの違いは?

白髪を染める為に使われるものとして、白髪染めと黒染めの2種類がありますが、この2つの違いを説明出来る人は意外に少ないでしょう。

両方とも白髪を染める為に使われるものなので、明確な違いを説明するのは少し難しいです。

では、その違いを説明しましょう。

黒染めはおしゃれ染めに分類される?

白髪染めの基本は、目立つ白髪を染めることに特化している染料です。

白髪を黒く染めるだけでいいので染毛力が強いのが大きな特徴であり、場合によっては髪を傷める恐れがありますが、その染まりやすさは魅力的です。

対して黒染めは一般的におしゃれ染めに分類されるものなので、白髪染めと比べて染毛力が弱く、ブリーチ力に長けています。

しかも色落ちしやすいので黒髪を維持したいなら何回も黒染めすることになるでしょう。

つまり、長く白髪を染めておきたい人は白髪染めを、短期的でもいいので黒く染めたいなら黒染めを使うのが良いということになります。

しかも市販で売られている黒染めは基本的に赤みが強い傾向があり、その赤みはなかなか抜けることがないので注意しなければなりません。

結局、白髪を黒染めで染めることは出来るの?

白髪染めと黒染めには決定的な違いがあるということをご説明しましたが、白髪を黒染めで染めることは難しいでしょう。

上記で説明した通り、黒染めはおしゃれ染めに分類されるタイプなので、そもそも染毛力が大きく違います。

染毛力よりもブリーチ力の方が強い分、一旦は黒く染まったとしても短期間で元に戻ることがほとんどなので、その後も再び黒染めしなければならない事態になるでしょう。

ただ、短期間に何回も染めるとなると髪へのダメージが気になるところなので、あまりお勧め出来るものではありません。

あくまで黒染めにこだわるのであれば、

・美容院で染める
・自宅で染める

以上の2つの方法で染めていきましょう。

美容院で染めるとどうなる?

もしも美容院で黒染めを行うことになった場合、プロの人が黒染めを行うので短期間で色落ちすることなくしっかりと染めることが出来ます。

市販の黒染めのように赤みも強くないので、明るい色に染めるのに非常に役立ちます。

しかし、短期間で色落ちしないと言ってもそこは黒染めなので、白髪染めと違って数ヶ月程度で色落ちすることを忘れないようにしましょう。

ただ、染まりやすさは自宅で染めるのと大きく違う為、白髪染めに頼らずに白髪を染めたいのであれば美容院に通うのがお勧めです。

自宅で染める場合だと手間がかかる?

中には美容院に通っている暇がない人もいるでしょう。

そういった人は自宅で染めるのがお勧めです。

自分でいつでも白髪を染めることが出来るので便利ですが、プロではなく素人が黒染めを行う場合だと少々手間がかかります。

自分の手で染める以上はムラが出る可能性がありますし、仕上がりがイマイチになることも多くあるでしょう。

また、自宅で黒染めを行う場合はショートヘアかミドルヘアの人がやりやすいです。

何故なら、ロングヘアーの人が黒染めを行うとほぼムラになってしまうからです。

それでも黒染めを行うなら、根元から全体に伸ばすようにして染めた方が良いでしょう。

この方法はどうしてもという時に行う方法なので、余程のことがない限りは美容院で黒染めしてもらった方がいいかもしれません。

茶色い髪を白髪染めで黒くすることは出来るの?

黒染めよりも白髪染めの方が白髪を染めやすいということになるのは良いですが、茶色い髪を黒く染めることが出来るのか気になりますよね。

元々白髪を染める為に白髪染めを使うものですが、はたして茶色い髪を白髪染めで黒く染めることが出来るのでしょうか。

確かに染まるが、気を付けないと染まりすぎてしまう?

結論から言えば、茶色い髪で白髪染めで黒髪にすることは可能です。

白髪染めはブリーチ力よりも染毛力の方が強く、元々白髪だけを染める予定でも、実は黒髪をも一緒に染めているほどなので大きな効果が期待出来ます。

また、髪のキューティクルを開かせて染料を入れることによってあっという間に染まりますし、色落ちしにくいのも大きなメリットです。

しかし、染め方に気を付けないといかにも白髪染めをしましたと言っているような真っ黒な髪に染まってしまいます。

自分で部分的に白髪染めを行うのはほぼ無理?

白髪がちらほら目立つから、そこだけ白髪染めを行いたいと思ったことがありませんか?

しかし、素人同然の人が部分的な白髪染めを行うのはほぼ不可能だとされています。

茶色い髪の人が白髪染めを行って不自然なほど真っ黒な髪に染まってしまったケースは意外と多く、トーンを落としたり目立つ白髪だけを部分的に染めたい場合でも素人がやればほぼ失敗してしまうでしょう。

部分染めを行いたいなら、美容院に行ってプロの人に染めてもらうのが得策です。

ですが、いくらプロの人でも自分が希望するカラーリングの色がかけ離れている場合だと出来ないと断られる可能性があります。

カラーリングがかけ離れると仕上がりが不自然になってしまうので、過度な高望みはしない方がいいでしょう。

余談ですが、黒髪の人が白髪染めによって茶色い髪に戻すことも出来ます。

その場合、一度の白髪染めでは明るくならないので何回も白髪染めを行いましょう。

さいごに

白髪染めと黒染めは両方とも白髪を染めるものなので違いはないように思えますが、そんなことはありません。

染まりやすさでいえば圧倒的に白髪染めの方が染まりやすいので、手っ取り早く染めたいなら黒染めより白髪染めを行うべきでしょう。

ただし、髪への負担がかかるので、短期間で色落ちしてもいいというのであれば美容院などで黒染めを行うのが得策ですね。

髪への負担を忘れずに綺麗な黒髪にしていきましょう。

-白髪染めの知識
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.