白髪染めの悩み

白髪染めを止めるタイミングっていつくらいから?

更新日:

 

白髪染めを行っている時に、ふと白髪染めを止めたいと思ったことってありませんか?

白髪染めって結局何回も染め直さなければならないので手間がかかってめんどくさいですし、染めたら染めたらで髪にダメージを与えたり、頭皮にも何らかの影響を与えるので止めるに越したことはありません。

髪にダメージを与えてしまうような白髪染めを使うくらいなら、いっそのこと使わない方が髪を健康に保つことが出来ると言えるでしょう。

ただし、白髪染めを止めると根元から徐々に白髪が生えてくるので、髪色のバランスの悪さが懸念されますよね。

止めるタイミングが分かれば、上手に髪色のバランスを整えられるかもしれません。

そこで、白髪染めを止めるタイミングとはどこなのかをご説明しましょう。

なぜ白髪染めを止めたい?

なぜ白髪染めを止めたいのか、それはやはり白髪染めを続けることによる弊害が一番の理由として挙げられるでしょう。

どんなに長持ちするように対策していても、遅かれ早かれ徐々に染料が落ちてしまうので白髪染めを定期的に行わなければならず、面倒に感じる人も少なくありません。

定期的に白髪染めを行わなければならない以上、金銭的な問題もありますし、根元の白髪を染めて髪全体の色のバランスも整えないと不自然な見た目になってしまうでしょう。

白髪染めを定期的に使うことによる頭皮や髪へのダメージが気になり出すことも理由の一つです。

白髪染めによっては髪に大きなダメージを与える可能性がありますし、染料が頭皮に付着することによる影響も考えられます。

また、年齢を重ねた人がいつまでも白髪を染めていると、髪色と顔のバランスが不自然になるという問題点も浮上してきます。

そうなるといつまでも若々しい髪色でいたいという気持ちより、綺麗な白髪に戻したいという気持ちが芽生えてくるのが一般的です。

こうした理由から白髪染めを止めるタイミングを探しているということになります。

結局、白髪染めはどのタイミングで止めればいいの?

結論から言えば、白髪染めは止めたい時に止めて構いません。

白髪染めをしなければ根元から白髪が生えてくるだけなので、そのまま放置していればいずれ白一色の綺麗な髪色になるでしょう。

……と、ここまで説明するとさっさと白髪染めを使うのを止めたくなりますが、ここである問題が浮上します。

それは、白一色の髪になるまで、まるで逆プリン頭のような状態を続けていくことです。

当然、白と黒や茶色の逆プリン頭では人前に出ると目立ってしまうので我慢出来ずに染めてしまうケースが後を絶ちません。

結局白髪染めが止められなくなってしまうのでは意味がありませんが、逆プリン頭とならずに自然で綺麗な髪色に戻す方法もあります。

髪色が自然な白になるまで待つ

一番簡単で手間がかからないのが、この方法です。

白髪はほっといても根元から徐々に伸びていくだけでなく、白髪染めで染めた部分は徐々に染料が落ちて元の髪色に戻ります。

これなら逆プリン頭になるのを気にしなければ、いつの間にか自然な髪色になっているでしょう。

しかし、根元の白髪と違和感がなくなるくらいまで染料が落ちるのを待つのは根気が必要です。

それまではどうしても逆プリン頭となってしまうので、よほど人目が気にならない人でない限り、外出するのが恥ずかしくなってしまうでしょう。

もっとも、数ある方法の中では手間も費用もかからないので選択肢の一つとなり得ます。

ヘアマニキュアで髪の表面を染める

白髪染めはやりたくないけど、逆プリン頭は恥ずかしくて嫌だという人におすすめ出来るのがこの方法です。

ヘアマニキュアは髪の表面だけを染める方法であり、白髪染めのように髪の内部まで染めるものではないのでダメージを与えにくいのが大きなメリットです。

また、髪の表面しか染めないことから染料が落ちやすいのもメリットです。

白髪染めの染料が落ちて徐々に自然な色味に戻りつつあるようであれば、ヘアマニキュアの使用を中止することで逆プリン頭にならずに自然な髪色に戻せます。

元々白髪染めを行う目的でヘアマニキュアを使用する場合だと、すぐに染料が落ちてしまうことがデメリットでもありましたが、今回の場合はメリットしかないと言って良いでしょう。

ヘアカラートリートメントで徐々に髪を染める

白髪染めのタイプにはヘアカラートリートメントというタイプがあります。

ヘアカラートリートメントは髪を洗う感覚で使用出来るのが大きなメリットであり、風呂場で使えてそのまま洗い流せるので白髪を染める準備などの手間もかかりません。

ヘアカラートリートメントの最大の特徴は使えば使うほどに徐々に染まることであり、加えて刺激も最小限に抑えられるので年齢と共に弱っていく頭皮に優しいのは大変な魅力です。

徐々に髪色が染まるということから、いきなり髪色が染まるわけではないので止めたい時に止められるので、根元の白髪を染めながら白髪染めの染料が落ちるのも見計らってヘアカラートリートメントの使用を止めるだけでOKです。

髪に優しく、頭皮にも優しいなど年齢を重ねた人にとっておすすめ出来る方法だと言えるでしょう。

染めた髪を徐々にカットする

白髪染めで染めた時の染料が完全に落ちきるまで待つのは時間がかかってしまいます。

余計な手を加えると髪や頭皮に様々な影響を与える可能性があるのでむやみなことは出来ません。

そんな時に役立つのが、自分で我慢出来るところまで髪の毛をカットしてしまうことです。

白髪染めの染料が落ちるまで待つといっても、中には完全に染料が落ちきらないこともあります。

思い切って髪の毛を我慢出来るところまでカットしてしまえば、根元の白髪との境目が短くなりますし、それでいて白髪染めの染料が落ちるまで待つ期間を短くすることも可能です。

逆プリン頭となって外出するのが億劫な人でも出来る方法なので、思い切ってカットしてしまうのもアリでしょう。

さいごに

白髪染めは止めたいと思った時にすぐに止めることが出来るものです。

年齢と共に髪や頭皮は弱っていくので、いつまでも白髪染めに耐えられるものではありません。

年齢を重ねてきて、もう白髪染めをするのは止めようと思った時こそが白髪染めを止めるベストなタイミングだと言えるでしょう。

ただ、止めようと思っても後になってなかなか止められない可能性がありますし、せっかく染料が落ちても今度は綺麗な白髪を維持する為に手入れが必要になってきます。

年齢を重ねても髪は命とも言えるものなので、しっかりとした手入れを行っていきましょう。

-白髪染めの悩み
-, ,

Copyright© 今売れてる30代女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.